脊髄小脳変性症と付き合うブログ > コラム > 社会保障の足りないところ

2010/12/05/ (日) コラム

社会保障の足りないところ

コメントをいただいて社会保障について改めて考えることになりました

自分としては以前調べてその結果、あきらめという感じで自分で努力するほかないという結論でした

社会保障の中に生活保護というものがあります

生活保護って年間でどれくらい財源使っているか知っていますか?

2.5兆円以上だそうです(ネットで調べた数値)

受給している人の頭数で割ると1人平均140万以上だそうです

ここでも矛盾している気がするのが

自分は障害年金をもらっているので額を知っているわけですが

この額は国民年金を40年払い込んでもらう満額と一緒(来年辺り若干受給額が下がるとか物価スライド制で)

年間で80万いきません

国民年金と生活保護の決定的な違い

期間は個人差はあれど払い込んでいるのが年金

生活保護は払い込みはありません

ネットで調べておかしな記事にぶつかったのが

4世代で生活保護をずっと受給している人がいる(らしい)

もうひとつ

老齢で年輩の方でお子さんなどとは一緒に住まず家を持たず県営住宅などに住み生活保護を受けながら毎日パチンコへ行っている人が実在するということ

なぜこういうことが起きるかと考えると

通ったら最後、その後検証しないからです

若い人が働く気をなくす時代

安心して働けない

自助努力して頑張っても支援はない

おかしな所へ搾取され甘い汁を吸い続けている輩がいる

話がそれました

社会保障を調べた時に思ったこと

このくらい悪くなったら保障しますというモノばかり

悪くならないように頑張っている人を支援するような方策はないのです

つまり

病気を進行させろと言っているのが社会保障

怒りたくなりますが

現実を知らない人がシステムを作るとこうなるということ

消費税などの税金をあげる前に

するべきことは山積しているのに

日本を動かしている政治はお互い足の引っ張り合い

通すべき法案も通らない

与党も野党も同罪

政界全てが変

とまぁ

おかしなことをあげていくときりがありませんが

自分の姿勢を保つこと

どう生きていくか

社会保障は足りないのは一目瞭然ですが

それだけには頼れないと答えを出すと

自分を律するしかなくなります

せめて

自分の周りにはおかしな人がいないように

良い波は

健全な生活をしている人から出ていくものでしょう

そうなりたいですね

<<楽天のオークションにて脊髄小脳変性症と付き合うブログ楽天のオークションの自分の利用法>>

コメント

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss