脊髄小脳変性症と付き合うブログ > コラム > 今の医療を続けるために

2010/10/13/ (水) コラム

今の医療を続けるために

日本の医療制度や医療の施術の技術は世界トップクラスです

収入に占める医療費の割合は先進国では最低クラス

そういう意味では現在は理想形(?)のような感じですが

少子高齢化(化ではないかも)で若い世代が減った場合

現在の医療費の半分以上を65歳以上が占めている

現実的に

需要と供給のバランスが崩れるということ

でも

自分がその年齢にならないとわからない

健康は失ってみないとありがたみがわからない

検診などで異常値が見つかっても治療に行かず自覚症状が出るまで悪化してから医療機関にかかる

これから必要なのは予防医学

病気になってから対処することも必要ですが

病気にならないことも重要

世の中には回避できない病気もありますが

かかるリスクを減らせる病気も多い

先日タバコの大幅値上げで買いだめをしたニュースなどがありました

もしも

あと1本吸ったら肺がんになると言われたら吸わないでしょう

リスクで終わっているからそうなる

具体的な数字を知ったら吸えなくなる

やめることに真剣にならざるを得ない

余命宣告をされた方がそれ以上生きることが多いのは

その期間を真剣に生きるからでしょう

真剣に健康を目指すこと

不治の病をもつたかのめが言っても説得力がないかもしれませんが

たかのめはその病気の影響個所以外は健康です

効くかどうかわからない薬は飲みたくない

セレジストのことですが

本人負担がないにせよまともに処方したら一錠4000円くらいのもの

それを毎日2錠とか飲んだら障害年金より多い

たかのめがセレジスト等の薬を飲まない理由の一つ

自分の子供はいませんが

次の世代につけを回しながら生きるのはずるいでしょう

今の良質の医療を続けるために

予防医学が必要

自分の体との対話をして

病気にならない努力が必要

なってしまったら

早いうちに治療に行きましょう

それが今の医療制度を崩壊させないための国民の義務です

権利だけ主張しても通らない世の中になるでしょうね(^^;

<<病院にて脊髄小脳変性症と付き合うブログパソコンの話>>

コメント

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss