脊髄小脳変性症と付き合うブログ > 現実的な情報 > パソコンの話

2010/10/12/ (火) 現実的な情報

パソコンの話

パソコンの話

セキュリティソフトは何を使ってますか?

ネットのウイルスとかに対応するソフトのことです

ウインドウズにも付帯するものがありますけど

パッケージ版のパソコン(普通に家電店で売ってるパソコンのこと)の場合

購入時に3カ月くらいの無料版が入っていてそのまま使っている方も多いでしょう

自分はプロバイタが提供しているトレンドマイクロ社のウイルスバスターを使っています(2010年版)

でももしパソコンをネットにつながないスタンドアローン状態(完全独立のパソコンのこと)になったら

真っ先に引っこ抜くのがウイルス対策ソフト

なぜかというと重い

システムスキャンなんか入るとほかの作業ができなくなるくらい重い

で気になったのがこれ


↑実際購入して配達待ち状態↑

ウイルスバスター2011クラウド最安値検索リンク

クラウドコンピューティングという言葉は知っているでしょうか

クラウド=雲なんですが

雲の中にいろいろなプログラムをもって必要に応じてユーザーが利用するというもの

今までの当り前は自分のパソコンにいろいろなソフトをインストールして使う

これが一般的でしたがクラウドによってもたらされるのはそれぞれのパソコンの負荷の軽減

ただクラウドとパソコンをつなぐ線(回線)のスピードが必要でしたが

これだけブロードバンドが普及するとスピードは問題なくなる

だからクラウドコンピューティングというシステムが可能となったのです

個々のパソコンの負荷を軽減することで動作が軽くなる(はず)

なので自分はウイルスバスター2011クラウドを購入したのでした

実際ダウンロード版とパッケージ版(たぶんCD)があるのですが

ダウンロード版は値段が下がらない

でもパッケージ版は違う

原価はわかりませんがパッケージ版は在庫が伴い仕入れという感じになります

そのためか仕入れた店同士が価格競争をするのです

さて自分の実際の数字を

月額のウイルスバスターは月に441円でした

年間にすると×12=5292円

これが年間のウイルス対策代

さて新しい方

ウイルスバスター2011クラウドは3870円でした

ポイントが戻るのはプラスアルファということで(^^;

5292-3870=1422円、年間で節約

同じウイルスバスターですが

今使っている月額版

間にプロバイタが入っているため新しく更新されるのが遅い

なので変えてしまおうと思ったわけです

実際使って問題なかったら

次は3年更新版とかを買おうかともくろんでいます

絶対かかる必要経費は安いに越したことありませんからね

自分はセキュリティソフトはほかにノートンとか使ってました(メーカーはシマンテック)

無料のソフトもありますが

機能的に問題ありそうなのでやめた方がいいかも

ちなみにウイルスバスター2011クラウドはネットサーフィンを良くする方にマッチしているとのことです

ホームページからのウイルス感染や情報漏えいに強いと言われているそうです

ウイルスバスター2011クラウド最安値検索リンク

<<今の医療を続けるために脊髄小脳変性症と付き合うブログカードとの組み合わせ>>

コメント

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss