脊髄小脳変性症と付き合うブログ > 日常的に気がついたこと > TVのニュースでやっていたこと

2010/08/16/ (月) 日常的に気がついたこと

TVのニュースでやっていたこと

国営放送のニュースでやっていたもの

概要

お年寄りが熱中症で死亡

電気料金払えず冷房なし


これで

2カ月に一度年金が十数万入っていたそうです

借家だったらしくその分を払うとほとんど残らない状態

国民年金だけでは足りないということを命をもって証明した形

衣食住を賄える額ではないということです

そのニュースで付け加えるようにあったのが生活保護の話

年金で足りない分は生活保護をという呼び掛けでした

足りないというのは国民年金基金を設立した時点で認めています

お金で支給すると使い道がおかしくなる場合がある

仮に今の支給額のままでいったとして

現物支給などで上乗せが必要

生活のライフライン(水道光熱費)に関しては上乗せをするとか

生活保護を受けると多大な制約が出るのでそこに壁があるのは知るべしというところ

そのなくなった方は

10年くらい電気料金でもめていたよう

全部とはいいませんが

3分の1助成とか

額を決めてとか

衆議院の改選の時には消費税が問題になるでしょう

消費税を上げられると生活費が減る

贅沢したくて言っているのではないです

生きるためにはそういうものが必要

生活を保護するってそういうことのような気がしますが

どう考えているでしょうね

<<今日はリハビリの日脊髄小脳変性症と付き合うブログ昨日に引き続き>>

コメント

  • No title
  • 1015.雨の競馬場
  • 2010年08月19日 |
  • たかのめさん残暑お見舞い申し上げます。私は何かも行政に求めてはいけないと思います。特に高齢者は急に年を取った訳では無いもんね。そこに至るまでの越し方だと思う。年金だけでは暮らせないからこそいままで額に汗し贅沢せず我慢を重ねてきました。運が良かっただけとは思わない。正直者がバカみない世の中になってほしいです。
  • [編集]
  • Re: No title
  • 1018.たかのめ
  • 2010年08月19日 |
  • 雨の競馬場さん、どうも(^^
    行政と個人と善悪を決めるつもりはありませんが
    搾取と無駄が多い公的なモノがおかしいのは皆さん知っているところ
    個人も国も長期的な眼でいろいろなプランを考えて実行していかねばなりませんね

    国は動かす人がころころ変わるので一貫性がありませんが

    一生懸命頑張る人が報われる世界が来てほしいものです(^^;
  • [編集]

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss