脊髄小脳変性症と付き合うブログ > コラム > 政治のお話

2010/07/17/ (土) コラム

政治のお話

先日参院選で与党系が思いっきり負けましたが

思うのはこう

与党野党があるのは当然

政権をどこがとってもいいと思います

大きな政党も小さな政党も

日本を良くしたいという基本理念はあるでしょう

そういう意味では大筋は一緒の気がする



その方策が各党違うわけです

先日国際通貨基金(IMF)から財政健全化の提言がなされました(ある意味恥だと思うのですが)

段階的に15%まで上げなさいというお話でした

消費税を上げるのは仕方ない部分はあるでしょう

外国で一番高い消費税は全てのモノサービスで25%

ただ年金も十分

老後の心配がないので貯金もほとんどない国があります

日本はどうでしょう

全てを当てはめることはできませんね

まずぜいたく品などの税率を上げる

食料品などの生活必需品は税率は据え置く

現実問題として

たかのめのような年金生活者は消費税が上がるとどうなるか

贅沢しているわけではありませんが

生活が大変になる

病気は進行性

将来展望はありません

それが現実

与党野党関係なく

良い政策を出していくということは共通するはずなんですが

政権をとることに躍起になり

解散総選挙を押したがる野党

選挙にかかるお金も税金

足の引っ張り合いのために税金を払っているわけではありませんね

いろいろな政策を決める時

有識者を入れて決めたりしますが

それは間違い

有識者といわれる人がその現場にいた時代とは違っている現実

だから中身が現実に合わない政策が出てくるんです

有識者ではなく現場で働いている人たちを50%くらい入れる

そうしないとおかしくなる

日本はお金持ちのような感じはします

でもそのお金を変に使っているのが一部の人たち

政治家と官僚

まじめな人もいるかもしれません

でもおかしな人が目立つのは組織に自浄作用が見られないということ

以前は国会答弁など結構面白がって見ていましたが

最近はやっているのが足の引っ張り合いばかりなので見る価値がなくなりつつあるようです

財政健全化へ向けて

与党が超党派で議論をしようと呼びかけましたが

応ずるところはほとんどない

本来応ずるべきです

超党派ができないのであれば政党政治は足の引っ張り合いのためだけにあるということになります

<<政治のお話2脊髄小脳変性症と付き合うブログ病院でのリハビリ>>

コメント

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss