脊髄小脳変性症と付き合うブログ > コラム > 現実に即していないさまざまな施策

2010/03/10/ (水) コラム

現実に即していないさまざまな施策

現実社会は動いていきます

そういう中なのに古いまま修正もかけずに続いている施策や

現実とかい離がある施策がたくさんあります

病気をしてリハビリをしたときの限度日数もそう

簡単に切れるでしょうか

年金もそう

毎年、徴収するほうはあがっています

でも給付する方はどうでしょう

給付年齢を上げたりシステムをうまく運用できてなかったり

余談ですが

年金システムを運用始めた時

徴収が先に来たはずで相当のお金が集まったはず

そのお金を湯水のごとく使った政治家がいたはずです

障害年金を受給してみて

通常の老齢年金の40年払い込んでの満額と一緒の66000円ですが

政治関連の方々に言いたいのは月に66000円で生活してみてほしい

世の中に使いもしない箱モノをたくさん作って無駄をまき散らしたのは誰でしょう

密約はないといって半世紀以上も国民を欺いてきた政党はどこでしょう

沖縄の普天間基地移設で辺野古への移設が固まりそうな時

辺野古の移設されるであろうエリアに不動産を買った政治家がいたり(自○党6人、その他3人)

国を食い物にした責任を取るべきはいま先生と呼ばれているお偉いがた

衆院・参院でいろいろな施策を審議する時間を足の引っ張り合いに使って税金を無駄遣いしている政治家

両議院は権力争いの足の引っ張り合いのためだけにあるのではありませんね

話を戻しましょう

いろいろな施策を実施する時

有識者から意見を聴いたりしているかもしれませんが

その中に今の現場の人間を半分以上入れていく必要があります

そうしなければ理想論や机上論で施策が運営され現実に合わない施策ができあがります

国と地方を合わせたら借金は1000兆円を超えるでしょう

財政非常事態のはず

あっちもこっちも立てるというのは不可能

全体をみるべきなのに見ていない政治家の方々

今箱モノで話題に上がっているのは

空港

その需要予測は甘く(やっているのは国管轄の組織、天下りの温床かも)

90%の空港で重要予測を下回っているとか

それは現実に即していない典型

勝手にいい方に解釈して建設ありきでデータを作るからこうなるのです

その割に絞るところは絞る

リハビリの制限などは現実に即してない

無駄を省いてきちんとしていけばいいだけなのに

国を良くするという気質を持ち続けている方はいるのでしょうか

現実を知ってください

そしてそれに合わせた施策を打ってください

そうしないと内閣支持率は低下の一方で選挙の投票率も下がる一方です

というか今解散総選挙をやられたとしても

投票する人がいなかったりするんですけどね

<<My Revolution脊髄小脳変性症と付き合うブログ大雪(積雪中)>>

コメント

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss