脊髄小脳変性症と付き合うブログ > コラム > 自分の風邪への対応

2010/02/27/ (土) コラム

自分の風邪への対応

たかのめが風邪をひいた場合

治すための時間の間、リハビリができなかったりとメインの病気への対応のためのサイクルに支障が出ます

このため過剰と思われるほどの対応かもしれませんがすぐに対策を講じます

まず

風邪の症状が出る前の違和感の状態で気がつくこと

喉がいがらっぽいとか

鼻水がしばらく止まらないとか

そんな小さなシグナルです

それに対してやるのは市販薬(のど用、鼻用)+栄養ドリンク+栄養サプリ通常の2倍以上

違和感がなくなればよし違和感が続いた場合はサプリ増量

それでも侵入されてしまった場合

もう市販薬では治りませんので病院送りとなります

病院にて抗生物質などの処方をしてもらいそれをのみつつ栄養サプリ通常の3倍以上

風邪を治すのは薬ではありませんね

良く言われるのは栄養と休養

その両方を体に与えます

特に栄養は風邪ウイルスに対しての武器となるので体がいいというまで与えます

そういう対応をするので風邪をひいたと思ったら2-3日で抜けます

ひかないのが一番ですけどね

その対応をするために必要なものはいつも身近にあるわけです

対応が早いせいか市販薬などを飲むのはだいたい一回くらい

前に病院でよく言われました

「もっと早く来なさい」と

病気は対策が早いと治りも早い

根治ができない脊髄小脳変性症は対策し続けねばなりませんけどね

対応を必要とするのは年に5-7回くらいでしょうか

減ってるようですけどね

風邪もこじらせると大変

自分は呼吸器系が弱いのですぐ気管支炎になる体を持っています

それを分かっているのでそういう対応になるわけです

個人差があるものですが

風邪は薬では治らないということは共通しているでしょう

必要なのは栄養と休養

症状を抑えても一過性のもの

体に必要な武器を与えてあげると治りも早いでしょう

<<2月も終わり脊髄小脳変性症と付き合うブログ今日は>>

コメント

  • 867.22歳の☆
  • 2010年02月27日 |
  • こンばンゎ☆

    自分も本読みましたο

    頭ィィ人なンだなぁって感想です!!


    自分も本格的に風邪ひくまぇになンとかしてくぃ止めてますοなぜか‥
  • [編集]
  • Re: タイトルなし
  • 868.たかのめ
  • 2010年02月27日 |
  • 22歳の☆さん、どうも(^^;
    本を読んだ感想は信頼できる人と一緒に信ずる道を進んだ時に訪れた奇跡という感じでしょうか

    頭がいいというより決めたことを実行する強い意志を感じましたね

    風邪に対する対策は人それぞれ

    早く治す方法を自分なりに確立することが重要ですね
  • [編集]

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss