脊髄小脳変性症と付き合うブログ > 障害者としての環境整備 > 障害年金の振り込み

2010/01/14/ (木) 障害者としての環境整備

障害年金の振り込み

通常年金は老齢年金もそうですが2カ月に一度の振り込みがサイクルとなっています

自分も初めての振り込みは2/15だとばかり思っていたのですが明日の1/15に振り込みがなされるそうです

そういう通知が来ました

内容の確認のために電話したところ

随時振り込みというのがあるそうでそれにあたるよう

そこで振り込まれるのは受給資格を得てからの端数月分(3ヶ月分)

来月から通常になるようです

申請をしたのが8/31

この申請が一日ずれると1カ月分の受給がなくなるところでした

なのでその日付に合わせて診断書から必要なものをそろえて申請しました

ドクターも協力してくれたので全て計画通りという感じです

1か月分というと66000円

自分としてはそれを稼ぐのは大変なことなのでありがたく受け取らせていただきます

働くことができなくなって4年くらいでしょうか

脊髄小脳変性症の診断を受けてから1年と10カ月くらい

障害者となって1年とちょっと

日がたつのは早いものです

過ぎたるは早く過ぎるは遅し

一日一日を納得できる形で過ごしていきたいですね

<<お知らせ脊髄小脳変性症と付き合うブログ新年初めての病院>>

コメント

  • 819.
  • 2010年01月15日 |
  • こんにちは(^-^*)/
    先日は細かく説明ありがとうございました。今日保健所に行ってきて、いろいろ手続きしてきました。
    薬‥正直なところ飲みたくないです‥自分は病気の研究材料になる‥
    なんか他にプラスの考え方はないかとたかのめサンにメールしてます。
  • [編集]
  • Re: タイトルなし
  • 820.たかのめ
  • 2010年01月15日 |
  • ☆さんどうも(^^;
    薬をどうするかは自身の判断とドクターの判断
    脊髄小脳変性症には対症療法の薬しかありませんからね
    たかのめは自分の父がやったことを自分もやろうと思っていることがあります
    それは自分が他界した時
    その体(主に小脳あたり)を研究のために提供するということ
    父はそれをやりました
    私もそうしようとおもっています
    自分以外の脊髄小脳変性症の方のための研究が進むのなら喜んで提供したいと思います
    それは余談ですが
    薬について研究目的のために医療費が助成される
    薬を飲んでも飲まなくても特定疾患医療を受給したらすでに研究材料でしょう(^^;
    特定疾患医療受給者証を申請するときに誓約書を書かされましたからね
    私は研究が進むのならそれはそれで構わないと思っています
    なんにしろ絶対数が少ない病気ですからね
    がんなどと違って研究が進むのはやはり遅いですね
    でも自分が生きているうちに根治可能になることを夢見ています(^^;
  • [編集]

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss