脊髄小脳変性症と付き合うブログ > コラム > たかのめが薬を飲まない理由

2009/12/18/ (金) コラム

たかのめが薬を飲まない理由

このブログを読まれて間もない方は私がなぜ薬を飲んでいないかと疑問に思うようですので記事として挙げておきますね

私の病気との付き合い方を真似するかどうかのご判断は個々人でお願いします

理由として

薬には大別して二つの区分があります

1、病気を治すもの

2、病気の症状を緩和するもの

脊髄小脳変性症は原因不明で根治ができない難病に指定されています

つまりセレジストなどの薬は対症療法の薬となるわけです

薬自体を否定するものではありません

自分も必要性を感じたら処方してもらって飲むでしょう

根治にかかわる薬ではないので飲んでいないのが一つ

もうひとつの理由

飲み始めたらやめられないだろうということ

自分の精神的な弱いところは知っているつもりです

仮に飲み始めてふらつきなどの症状が若干でも抑制されたり、実際は抑制されていなくてもそう思ってしまうリスクが高い

それが自分の弱いところですね

それで薬に変わるものとしてほぼ毎日やっているのがリハビリ

筋肉は自分の意思で動くものが多い

なのでふらついた時に立て直すのも筋力

ふらつき自体を抑えるのも筋力

リハビリや運動の効果を体感しているのでそちらをやめることはできないのでした

そのリハビリですが

恵まれた環境によるところが多い

週一で通っている病院は家から5分

家でリハビリをして汗をかいたあとすぐにお風呂に入れる(24時間ぶろ)

自宅リハビリ自体は40分くらい

そのあとのお風呂が30分くらいです

環境と時間

その二つがあることが大きいです

必要になれば薬は飲みます

それは選択肢の一つ

ですが必要になるまでは今の自宅リハビリは続けます

脊髄小脳変性症は進行性

リハビリもできなくなってきたメニューは変えます

寝たきりでもできるリハビリはある

それは常に考えていること

だから今できることはリハビリも含めてありがたいことと感じることができるのです

<<週休二日脊髄小脳変性症と付き合うブログ座ってやることが多いもの>>

コメント

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss