脊髄小脳変性症と付き合うブログ > 思いつき日記 > 映画に行ってきました

2009/12/05/ (土) 思いつき日記

映画に行ってきました

今日は家の近くの映画館(シネコン)にいってきました

映画は「2012」

吹き替え版をみたのですがガラガラだったりして

母親と妹・カミさんと自分で4人で観たのですが

観賞料金はありがたいことに4000円(4人で)

障害者手帳保持者+付き添い2名、シニア割引で全て1800→1000となりました

映画自体はデイアフタートゥモローのスケールを超巨大化した感じ

2012年というと目の前に迫っている時です

その映画にあることすべてがフィクションではない部分がある

知らされていない現実もあるでしょう

そういう意味では

娯楽映画というよりそこから何かを感じ取るべき映画といえそうです

ちなみに行ったシネコンは109シネマズ

障害者手帳をお持ちの方はチケットを買う時に見せればOKです

60歳以上の方は免許証などでOK

たまには映画も大画面でいいものです

行きと帰りが結構大変ですけどね(段差が・・・)

<<目標と手段脊髄小脳変性症と付き合うブログ電気ストーブ>>

コメント

  • 実話、、、
  • 791.絢美
  • 2009年12月05日 |
  • こんばんわ^^あたしは、今すごく、2012の映画が、見たく行く機会がなくて^^;本当に、後3年で死ぬのかなとか、心配です...  マヤの伝説すごく不安です・・・見に行ったら、夜
    心配で寝れないと思います^^;たかのめさんは見てどうでしたか
  • [編集]
  • Re: 実話、、、
  • 792.たかのめ
  • 2009年12月06日 |
  • その伝説はマヤだけではないようです
    それが全て現実だとしたら私はそれはそれで受け入れたいと思います
    逆にそれがフィクションで終わるとしても今の生活は変わりません

    生に執着してはいますが固執しているわけではないです
    後悔のない人生を送れればそれがもし現実でも受け入れられるでしょうね
    変な話
    人類自分以外の人全てがいなくなっても生きていたいでしょうか?
    人は一人では生きていけない
    印象的な言葉が映画の中にはいくつもありました
    見る機会があればそれを受け止めてくださいね
  • [編集]

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss