脊髄小脳変性症と付き合うブログ > 日常的に気がついたこと > こんなニュースがありました

2009/12/02/ (水) 日常的に気がついたこと

こんなニュースがありました

みなさんはどう思われますか?

私と同じ脊髄小脳変性症なら障害者のはずですから他人事ではないでしょう

「障害者」表現変えます 吹田市が公募 波紋広がる 
12月2日15時33分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091202-00000071-san-soci

自分は以前記事にしたように

「障害と人生をかけて向き合うことを選択した者」ととらえています

なので自分としては言葉にそれほど思い入れはないのですが

変えるとしたら何でしょうね

今増えているのは「障がい者」という言葉

害という字が良くないと思われているらしくそれを変えたわけです

偏見をなくすきっかけになるかどうか

とりあえず

障害者に対しての注目度は少し上がるでしょうね

<<雨が降らなくてよかった脊髄小脳変性症と付き合うブログ師走>>

コメント

  • No title
  • 772.希望の虎
  • 2009年12月03日 |
  • 大阪に住んでいて、こんなニュースがあったなんて思いませんでした。
    私は、障害者という言葉をそれ程、気にしていません。
    外国(?)では、障害者の事をチャレンジドというらしく、その意味は、神様から挑戦という課題、チャンスを与えられた人という意味だそうです。
    ある会社のホームページで障害者の募集をハンディキャップ者の募集というのがありました。
    この記事により、障害者でも一生懸命、頑張っている人がいる事や偏見がなくなれば良いですね。
  • [編集]
  • Re: No title
  • 773.たかのめ
  • 2009年12月03日 |
  • 希望の虎さんどうも(^^
    障害者はチャレンジドというんですね、考え方とあっているなぁ
    働く場合は現実問題として普通より仕事の効率は落ちるわけですからなかなか雇用は難しいですね
    ただ一生懸命生きているのは確かでしょう
    なかには人生を投げてしまった人もいるかもしれませんが
    偏見はなくなってほしいですね
    偏見を持っている人に障害をあげたいと思ってしまうのは自分だけですかね(^^;
  • [編集]

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss