脊髄小脳変性症と付き合うブログ > 思いつき日記 > 自宅リハビリ開始

2009/05/30/ (土) 思いつき日記

自宅リハビリ開始

無理せずに自宅リハビリは停止していましたが

まず筋トレを今日から復活

全面復活ではなく少しずつ

エアーウォーカーは明日から

それは少し時間を削って

病院のリハビリも一回休みましたが来週から復活の予定

日を追うごとに首の調子は快方へ向かっているので本来のものを復活させる方向という感じです

やることやっとかないと

後悔はしたくありませんからね♪

<<寝室の移動脊髄小脳変性症と付き合うブログ進行と感情>>

コメント

  • 665.FUJIMURA
  • 2009年05月31日 |
  • 理学療法士を目指している専門学校3年のものです。

    実習で"あんたになんかわかんなぃでしょ"と言われたことがあります。ほんと悔しぃ気持ちになりました。患者さまの気持ちを理解し共感してあげたぃのに、実際自分ゎ健康であるからこそPTとして働けるわけで…

    でも患者さま1人1人に自分ができる最高のリハビリを提供していけるよう、これからの勉強頑張りたぃと思います。

    とても考えさせられることばかりで、このブログに出会えてよかったと思っています。
  • [編集]
  • Re: タイトルなし
  • 667.たかのめ
  • 2009年05月31日 |
  • 目指しているものがあると人間強くなれますね
    理学療法士というとやはりリハビリがメインとなりますね
    実習で言われたという言葉
    予想ですが
    言ったほうは傷つけるつもりはなく自分のことで手いっぱいで余裕がなかったのだと思いました
    リハビリを続けていていろいろな人を見ますが
    リハビリをやらされていると思っている人と付き合うのを見ているとごくろうさまと思います(担当の理学療法士の方)
    リハビリをやることは病気に向き合う姿勢の一つ

    病気と向き合うということは人生を生きる姿勢が重要ということ

    リハビリは誰のためでもなく自分のため

    そして理学療法士の方や作業療法士の方はパートナーです

    ひとりひとり状況の違う中で最適なリハビリを考えてくれる

    「あんたになんかわかんないでしょ」という言葉

    人は自分以外誰も理解できない生き物です

    実際理学療法士となって現場に立ったときもしそう言われたら

    返す言葉はこれです

    「わかんないかもしれませんが、一生懸命わかるように努力しているところです」と

    それが事実

    担当をもったらありえることでしょうね

    理学療法士目指して頑張ってください
  • [編集]

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss