脊髄小脳変性症と付き合うブログ > 言霊 > 相反するもの

2009/04/11/ (土) 言霊

相反するもの

自分が小学生のころでしょうか

父の部屋にあった本の題名

誰の本かわかりません

中を開いたわけでもありません

でもその題名は少なからず自分の考え方に影響を与えました

その題名は

すべてを逆に考えよ

この言葉

とても有用です

欲求に例えると

満たすこと

満たされないこと

これが二つ考えられるということ

すべての事柄が1つの事象ではないということ

たとえば

歩く

歩けない

両方を知った場合

歩けることがありがたく感じることが可能ということ

言葉をもっと短く簡潔にすれば

可能と不可能

人生にはそれしかありません

右か左か

人生には選択しかありません

幸せか不幸せか

それしか感じることはできません

人間は自分の思い通りにならないと不快感を感じるものです

でもそれをあらかじめ予想していくことで感想を変えらえれます

人生には現実しかありません

そして感想は人それぞれですが

大別して二つしかありません

いいか悪いか

そう感じるだけです

歩けないから悪い?

悪いって誰が決めたんでしょう

生きている限り選択はできるし感じる感想は体が動かなくなっても自由です

いいと感じるか

悪いと感じるか

それを決めるのは自分自身です

不景気だから悪い?

モノが売れないから悪い?

それは一面

経済が発展しないマイナス成長になることは

環境負荷の側面からはプラスです

物事は一面だけではありません

必ず反対の面がありますし多面的に見ることで人生が変わってきます

プラス思考とマイナス思考

プラスが良くてマイナスが悪い?

どちらでもいいんです

それが選択の自由

相反するものを自分で選択することを知ったとき

精神は解放されるでしょう

<<うれしい出来事脊髄小脳変性症と付き合うブログ体を動かすことの効果>>

コメント

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss