脊髄小脳変性症と付き合うブログ > コラム > 自分の憩室のとの付き合い方

2009/03/28/ (土) コラム

自分の憩室のとの付き合い方

たかのめが持っている憩室

腸のお荷物です

先日、若干の炎症を起こして一応おさまったのですが

たまにあるおなかの違和感

でも長時間続かずに収まっているので大丈夫な感じなのですが

カミさんから言われて気が付きました

腹筋を鍛える運動が足りないために腹筋が落ちてきて憩室が暴れた可能性があるということ

言われたのは

以前はフィットネスクラブでやっていた運動が抜けているということ

言われたはたと気がついたわけです

腹筋を鍛える運動をすると当然腹筋が固くなってきますね

憩室のできたところにもよりますが

腹筋は腸の外側にあたります

袋状の憩室を外側から押す力となるということです

腸の中は毎日食べ物が消化されて通っていきます

そこに袋があれば必然入っていきます

でも袋を外側から抑えていたら

袋は大きくもならず入口付近で消化物ははいってこずに通過していくであろうということ

ということで

家でのリハビリに運動を付加します

腹筋と寝転がって足を浮かせる運動

どちらも腹筋を鍛える運動です

でも一つ問題が

筋肉を鍛えるのはいいんですが

筋肉はすぐには付きません

なのでとりあえず思いついたのが

ハラマキ

何で思いついたかといえば

TVCMであったパチンコ台のCMでバカボンのパパが出ていたから

あの人っていつもハラマキしてますよね

それをみて思いつきました

とても単純な発想で原始的ですが

原因も単純で原始的なのでそれで対応します

<<考えてみると脊髄小脳変性症と付き合うブログ最近好きなもの>>

コメント

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss