脊髄小脳変性症と付き合うブログ > コラム > 病気への初期対応

2009/03/20/ (金) コラム

病気への初期対応

風邪をひいたと思ったときの体のシグナルは何ですか?

熱がある

喉が痛い

鼻水がひどい

などなど

人により違うと思いますが

病気は初期で治療を始めると悪化する可能性は極端に低くなります

たかのめが持ち歩いているバッグには常備薬として風邪薬が入っています

のどや鼻に違和感を感じたらすぐに飲むためです

そう痛みなどのシグナルの前にあるものは違和感です

普段と違うという感じ

それを敏感に感じ取ること

それが病気への初期対応のきっかけとなります

自分の場合

腸のお荷物である憩室

おなかに違和感があるのを感じとって病院へ行ったわけです

過去に2回入院しているのは大腸の病気

一度目は限局性腹膜炎(原因は腸炎)

二度目は憩室炎

対応が遅れたので入院でした

もっと遅れたら手術でしたが

当時は派遣社員として会社へ行っていたので会社へ行っていた分経過時間が長くなり悪化したような感じです

それらの経験がおなかの違和感に対して敏感にしてくれました

生活習慣病はその前にひとつ重要なことがあります

それは病気を認めることです

自分は病気だと認めること

検査でわかり、自覚症状がないので認めづらいですけど

認めることが治療の始まりです

一年に一回の健康診断ですが

50代にはいったら半年に一回でもいいかもしれません

体は一生付き合っていくもの

メンテを怠ると大変なことになりますからね

<<立ち上がりがつらくなってきました脊髄小脳変性症と付き合うブログ病気と向き合う姿勢>>

コメント

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss