脊髄小脳変性症と付き合うブログ > 脊髄小脳変性症の症状など > 急げないのを実感するとき

2009/03/15/ (日) 脊髄小脳変性症の症状など

急げないのを実感するとき

いろいろなことが遅くなってトータルの時間がかかってしまう症状

特に細かな作業や段差、階段の上り下りが時間がかかります

で急げないのを実感する瞬間

たかのめの寝室は2階にあります

トイレは1階にあります

当然その間は階段があるわけです

日常生活で急ぐことで重要なもの

それはトイレ

変な話

我慢の限界まで待ってしまったら間に合わないということが起こりえるのでした

予想しているのでちょっと行きたくなったらすぐにいくようにしているため大丈夫なんですけどね

今年中には寝室は1階へ移す予定

そうなると緩和される状況なのですけどね

急ぐことというと

よくあるのが信号

歩行者用の信号

点滅したら走りますか?

現在たかのめは点滅したら次の青まちになります

というか

点滅前でも途中で点滅されるとまずいのでいったん待ったりしますけどね

走ることができないのでそうなります

走れるってすごいんですよ

<<香味の強い食材が苦手脊髄小脳変性症と付き合うブログ生活すべてがリハビリ>>

コメント

  • No title
  • 600.margaret
  • 2009年03月16日 |
  • こんにちは

    信号は全く私もたかのめサンと同じです。

    我が家も2Fにトイレがありませんが まだ夜中に起きて行く事は無いので 2Fで寝ています。

    地震には2Fの方が良いのでは?

    階段を上り下りするのも今はリハビリと思って・・


    ところでブログのネタが見つからないときってありますか?
  • [編集]
  • Re: No title
  • 601.たかのめ
  • 2009年03月16日 |
  • 階段の上り下りはいいリハビリだと思うのですが

    急いでいるときはちょっとひっかかりますね

    うちは鉄筋なので1Fでも地震には強いと思います

    ブログのネタのことですが

    見つからないときってないですね

    そういう意味でカテゴリがたくさんあるのです
  • [編集]

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss