脊髄小脳変性症と付き合うブログ > コラム > 生活すべてがリハビリ

2009/03/14/ (土) コラム

生活すべてがリハビリ

TVCMで気になった言葉

生きていることがリハビリ

それに思いっきりうなづいたわけです

それは大人用のおむつのCMだったと思います

めんどくさがってやらないと本当にできなくなる

だから生活の中で自分でできることはめんどくさがらずにやること

遅くてもいいじゃないですか

早くやらなければならないなんて誰が決めたんですか

生活は自分のスピードで

遅くても誰も文句は言えないもの

生きていることすべてがリハビリ

朝起きられる

御飯が食べられる

自分の足で歩ける

自分の言葉で話せる

人間ってすごい

生きているってすごい

すごいことが重なって成り立っている

朝、目が覚めなかったら

ご飯が食べられなかったら

話すことができなかったら

でも生きていることがすごいことでしょう

明石家さんまさんがいいました

「人生生きているだけで丸儲け」

生きていることがすでにすごいラッキーということですね

生活することがすごいこと

できなくなったり遅くなったりすることが日常生活に増えてくると

よけいに感じます

できるうちにやっておこうと

いずれは誰かの手を借りねばならない状態になる

そう分かっているから今できることの重さがわかる

同じ障害の方もそう

健常者の方もそう

生きているうちに

できるうちに

生活ができるうちに

やれることがリハビリ

毎日が退屈に感じることができることがすでに幸せということ

同じ毎日を繰り返せることが日本という恵まれた国に生きていること

だからできることを頑張りましょう

生活を頑張らなくてもいい人は

目標を持って頑張ればいいでしょう

目標は人生に活気を与えてくれます

自分は生活を続けていくことが目標

現状維持が目標

そして自分の生きているうちにこの病気が難病でなくなることが来ることを夢に見ながら

生きることすべてがリハビリとして

<<急げないのを実感するとき脊髄小脳変性症と付き合うブログブログを開設して1年>>

コメント

  • No title
  • 598.margaret
  • 2009年03月15日 |
  • こんにちは

    ”生きることすべてがリハビリとして”

    確かに 生活すること全てがリハビリになりますが

    リハビリする為に生きているわけではなく 楽しみの為 幸せを求めて生きているんですよね?

    さてさて 私の幸せって?
  • [編集]
  • Re: No title
  • 599.たかのめ
  • 2009年03月15日 |
  • 確かにそうです

    生活すべてがリハビリだとしても楽しいことを求めることを忘れないように

    幸せを感じる瞬間を忘れないようにしたいですね

    リハビリはあくまで人生のためです

    自分はお風呂にはいる前にエアーウォーカーを22分やってちょっと汗をかくと少し達成感があったりします

    幸せって人から教えられるものではないですね

    自分がそう感じるかどうかですね
  • [編集]

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss