脊髄小脳変性症と付き合うブログ > 言霊 > 素直さは強さ

2008/11/11/ (火) 言霊

素直さは強さ

強い人とはどんな人でしょう

いろいろなことが考えられますが

「素直さ」を持っている人

人生においてとても強いと思います

素直さってだんだん失っていく気がします

知識が増えるに従って

疑うことや読むことを覚えるから

自分が素直かといえば

たぶん素直とは言えない

でも素直な部分はあるかもしれませんね

素直な自分の出し方を知っていたら

それは人生での強さを得る方法になりえるでしょう

<<特別休館日脊髄小脳変性症と付き合うブログ車いすではないたかのめですが>>

コメント

  • No title
  • 306.雨の競馬場
  • 2008年11月12日 |
  • たかのめさん、こんにちは。ブログを見る限りでは素直な人だなあと思いますよ。若さゆえの気負いは感じられますけど。私位の年になると、面倒くさくなって何事にも拘りが無くなるから、かえって羨ましいかも。
  • [編集]
  • 信じたモノは
  • 307.たかのめ
  • 2008年11月12日 |
  • 雨の競馬場さんどうも(^^;
    自分の場合は信じたり納得できたものは思いっきり素直になるのですがそうでないと素直になれません、なので全般的に素直とは言えないかも・・・
  • [編集]
  • 難しいテーマです。
  • 312.たぬきのポンちゃん
  • 2008年11月16日 |
  • 素直と頑固。

    どちらがいいと言えば、私は素直だと思います。

    素直に自分を受け入れて、清い心で生きてゆく。

    それが天国に行ける切符といっても過言ではないのでしょうか。

    確かにこの薄汚れた世の中、何でも素直に受け入れると、心の荒廃した人間達の格好のえじきになってしまい、自分の人生を狂わされることにもなるでしょう。

    しかしながらあの大リーガーのイチロー選手は、トレードマークの振り子打法をどんな指導者がやめろといっても頑固として貫き通したそうです。

    もしその指導者の言うことを素直に聞き入れていれば、大リーガーイチロー選手という存在はなかったかもしれません。

    そう思うとこの世の中を上手に生きてゆくには、ある程度は素直ではない方がいいのかもしれませんね。


  • [編集]
  • バランスですね
  • 315.たかのめ
  • 2008年11月16日 |
  • 素直で一直線というところでしょうか
    譲るところとそうでないところを併せ持つこと
    それが個人を形作るということですね
    そう考えると自分は自分のカラーを作っているようです
  • [編集]

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss