脊髄小脳変性症と付き合うブログ > コラム > 車いす駐車場の利用について-健常者の方と障害者の方へお願い-

2008/10/05/ (日) コラム

車いす駐車場の利用について-健常者の方と障害者の方へお願い-

車いす駐車場

理由があって便利な場所にあってスペースも多くとっています

その理由は

歩くことが不自由な人(障害者・高齢者・妊婦の方など)がその施設(お店など)を利用しやすくするために便利な場所に設置されています、楽をしたいだけのために便利な場所にあるのではありません

スペースが広い理由

車いすの方もふくめてたかのめのような障害者の方はドアを最高まで開いて車の乗り降りが必要な方がいらっしゃいます

そのためスペースが大きくとってあります

その車いす駐車場を健常者の方が利用していることがあります

そこを使われるとどうなるか

車いすの方などの社会参加の自由を奪っているということになります

あなたも年をとります

また親近者の方が妊娠してそこを使わなければならないことも考えられます

何かの事故で自分自身が障害を負うことも考えられます

立場が変わったとき

あなたがそこを利用しなければならない時

健常者の方がそこを利用していたらあなたの目にはどう映るでしょう

車いすステッカーや障害者用よつばマークは買えます(ネットで見た情報では)

それは免罪符ではありません

健常者の方にお願いしたいのは

必要な人がいる場所を使わないでほしいというお願いです

もうひとつ障害者の方へのお願い

下肢不自由などでなくても障害者の方はいらっしゃいます

つまり歩行困難ではない障害者の方もいらっしゃるということです

このお願いは理不尽に思えるかもしれません

ですが現実に起きていることからのお願いです

それは車いすの方や下肢不自由の障害のない方は利用してほしくないということ

理由は健常者の方が勘違いをなさるということです

普通に歩ける方が使っているという風に映ってしまうからです(もし利用されるなら下記のものを車に貼ってほしいです)

そして車には警察所で発行してもらえる駐車禁止除外の交付証を見える位置につけてほしいということ

先ほど申しましたように車いすステッカーなどが買える現実がある以上

買うことのできない交付証が一番の証書、もし偽造すればそれは罪になるでしょう

また近い将来に現実化するであろう事柄をひとつ

それは車いす駐車場などを利用する場合に利用条件を満たしていない方が利用した場合

罰則が設けられるということです

これは諸外国ではすでに行われているもの

車いす駐車場はかなりの設置が進んでいる中

不当な利用もそれに合わせて増えているということです

それを取り締まることが現実化することが予想されます

健常者の方へのお願いと障害者の方へのお願いを書きました

2020年には4人に1人が65歳以上になるという現実

高齢者が増えていく世の中

今のうちからそういったものを整備していくことはこれからの社会に必ず必要になります

<<戻ってきました脊髄小脳変性症と付き合うブログあなたの隣の障害者>>

コメント

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss