脊髄小脳変性症と付き合うブログ > 日常的に気がついたこと > 誤解を増やす場合

2013/09/09/ (月) 日常的に気がついたこと

誤解を増やす場合

トンデモ医師 通訳必要な医師や安易に「怠け病認定」例も
NEWSポストセブン(2013年9月9日16時00分)
http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_210072

自分はこの脊髄小脳変性症で病院へ行った時

疑っている病気があると

病名も言ったので間違いはなかったんですが

孤発性で遺伝じゃなくて、専門医以外のお医者さんが診てたら

正確な病名診断とか難しそう

何もわからない状態で

いきなり診断って難しいかも

この病気

普通の検診とかでは引っかからないですからね

<<どっちがいい?脊髄小脳変性症と付き合うブログ携帯とかスマホの今後の流れの一つ(?)>>

コメント

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss