脊髄小脳変性症と付き合うブログ > IF > 可能性は

2013/06/16/ (日) IF

可能性は

例えばこの病気が根治可能になったとして

この薬を飲めばいいという形も考えられますが

この手術を受けるとその可能性があるとした場合

この手術というのが問題

この病気

動きづらくするために

多くの方が体力・筋力をなくす

動きづらいので動かないとそうなりえる

そうなった時

神経系の病気

対象は脊髄や小脳

ということは

手術だとそこを開ける可能性もあるわけです

もしそうなった場合

ある程度の体力が必要

手術に体が耐えられなければ

根治どころの話じゃなくなる

そんな可能性もなきにしもあらず

あなたの体力は

病気に負けて思うツボになってませんか

<<ネットの中にはびこるもの脊髄小脳変性症と付き合うブログ今日は湿度が高く>>

コメント

  • SCDの治療
  • 1489.ドクターRu
  • 2013年06月17日 |
  • 実は我々の研究チームは、現在、SCDの方の治療をしています。臨床的にかなり改善してきています。興味がありましたらブログを参照してください。
  • [編集]
  • Re: SCDの治療
  • 1490.たかのめ
  • 2013年06月17日 |
  • ドクターRuさん
    情報は個々人で受け止め方が違いますので公開させていただきました
  • [編集]

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss