脊髄小脳変性症と付き合うブログ > 日常的に気がついたこと > 1票の格差の話

2013/05/22/ (水) 日常的に気がついたこと

1票の格差の話

1票の格差って?

という人も結構いますが

どういう状況かというと

同じ日本国内なのに

票の重さが違うという状況

具体的に言うと

エリアで1人選挙で選ぶとき

100人のエリアもあれば

50人のエリアもあるという現状

なんでそういうことが起きたか

それは人の動きを議員数に反映してこなかったから

原因をわかりやすく言うと

過疎化

人口流入

この二つが原因といえるかも

あるエリアでは過疎化で投票する人が減り

あるエリアでは人口流入で投票する人が増える

マイナスのエリアとプラスのエリアが同じ国内に存在している

本来、人が減ったところは議員を削りその分、人が増えたところで増やせばよかったんですが

減るエリアの議員数をへらすと経済的に落ちるお金が減るのと

国会での発言力が減るので

してこなかった

そのツケが火を噴いたわけです

多すぎる議員も問題ですが

現状と離れているシステムも問題

こういうニュースがありましたが

国家公務員3年連続最低評価で免職も…自民原案
読売新聞 5月22日(水)7時24分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130522-00000035-yom-pol

国家公務員って議員もでしょ

自分らの身を斬ることはしない

いろんな政策で

失敗した場合(効果がなかった場合)

内閣は責任をとるべき

0増5減をはなしてますが

対症療法もいいとこ

根本原因から逃げてます

80議席の定数削減はどこ行きました(衆議院解散時の約束)

1票の格差の原因は

議員の怠慢です

<<どうとらえるかは自由ですが脊髄小脳変性症と付き合うブログ夏の時期>>

コメント

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss