脊髄小脳変性症と付き合うブログ > コラム > 自動車税の話

2013/04/11/ (木) コラム

自動車税の話

抜粋-------------------
一定の障害等級以上の身体障害者等が取得(所有)した自動車で
専ら身体障害者等の本人が運転するもの
若しくは専ら生計同一者が運転するものまたは身体障害者等のみで
構成される世帯の身体障害者等が取得(所有)した自動車で専ら
その常時介護者が運転するもの
(本人運転以外は身体障害者等の通学、通院または生業のために使用
するものに限る。)
抜粋終了----------------

うちは自分とカミさん(配偶者)の二人世帯で車は軽

車の名義は結婚前に買っているのでカミさん名義



自動車税の減免は不可でした

名義が障害者本人でないといけないらしい

電話ですが担当者(町の軽自動車税担当)に食って掛かった次第

なぜって

おかしいでしょうシステムが

変な話

寝たきりでも車の名義は持ってないといけないということ

上記の文が適用され対象となるのは障害者が成人していない場合

社会保障はおかしいと思ってますが

参考記事
社会保障について

やっぱりおかしいですね

担当者ではシステムは変えられませんので

上記の文章を変えてくれるようにいいました

一文があればいい

「生計同一者が成人していない場合」という一文

まぁ社会保障は調べればしらべるほど穴がいっぱいで現実にあってないのがここにもあったという感じかな

追記

車を取得する場合

ローンを使う場合がありますが

ローンを使った場合

名義が販売者になってる場合があるので

ローン終わった時とかに

「払い終わったんだから名義変えてよ」とか必要かも

変な話

ルールに抵触しなければ

人道的に許されなくても通るのがお役所のシステムです(ルールが最上位なので)

顛末

障害者用のガイドブックの文面は直っているようです

その文章には未成年の一文のほか、表記はOKになってました

自分が持っていたガイドブックは平成22年度版

妹が持っていたガイドブックは平成24年度版

ということで自分のほかにもクレームつけた人がいたのかも

思うのはガイドブックが新しくなったら

該当者へ送るとかの通達が徹底していないためにおこったこと

基本的にお役所のシステムは申請方式ですが

表記を変えて通達なしでは意味が薄れると思うんですが

お金の使い方がおかしい

変更しましたと通知(はがき一枚でいい)を出して

HPで公開すればいいのに

そういうシステムはありませんので調べるたびに壁に当たりそうです

また、表記は変わってますが

根幹は一緒なので

考え方は一緒です

<<たまーにあるんですが脊髄小脳変性症と付き合うブログ面白い事を真面目に言うと>>

コメント

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss