脊髄小脳変性症と付き合うブログ > 思いつき日記 > 病院のハシゴの日

2011/10/04/ (火) 思いつき日記

病院のハシゴの日

月初め

第1週か第2週にS先生のところへ行くようにしてるのですが

リハビリと重ねるようにしてます(この数か月)

ということで

今日は午前中はリハビリ

午後からはS先生のところへ行ってきました

S先生に新しいメニューのその場行進の話をしたところ

それはいいということで

すすめられる人にはすすめるようです

器具もいらないし

すぐできますからね

自分の今やっている筋トレも8割くらいは器具を使わずに可能

エアウォーカーは別ものということで(^^;

考えてみるとエアウォーカーが家に来てから3年は過ぎてる

こういう耐久消費財はその時は高いとおもいますが

期間で平準化すると

意外と安いのでした

当時5万円でしたけど

3年ということで

365日×3=1095

一日約45円ですが

まだ十分稼働しているのでさらに下がりますね

人生の中ではこういうのは大きな買い物ではないということ

実際は家とか車とか保険とか

食べ物ですね

大きいのは

ブランドとかにはまると大変ですけど

そういうつもりもないし

さて今日S先生の医院の出入り口であった話

通常の家の玄関の1.5-2倍くらいの広さがあります

で靴を脱ぐところに一つ椅子があるのですが

椅子の後ろには下駄箱がいっぱいの状態

で起きたのが

椅子の前に下駄箱へ入れないで脱いだ靴が4足ほど固まっておいてありました

それがあると

椅子が使えない

ということは

たかのめのような人は靴を履くのにえらい苦労するということになります(すぐ横に壁があるわけでもないので)

で受け付けの方に言いました

あの状態だと椅子が使えないと

普通の人はよけるだけですが

よけられない人やそこの椅子を必要としている人の場合

とてつもない障害物となります

自分は何とか靴を履いて出ましたが

次も同じことがあればいいます

そういうことって実際起きないとわからないものです

同じようなことがもう一つ

リハビリの病院の受付前でのこと

カバンを置くようなところはあるのですが

杖を置く場所がない

なので受け付けの時

財布などを取ろうとするときは

杖を小脇に抱えないといけない

台をおいてほしいと受付の人にいいました

これが初めてではないのですが



Yさんに会ったときにもいいました

あの状態だと杖を持った人が大変だと

でいろいろ考えてくれるようです

とてつもなく簡単なことであれば

受付のテーブルのところにテープを貼ればいい

摩擦を多くすれば杖を立て掛けられるので

どうするか見てます(^^;

次は13日の木曜の予定です

<<自分の現在の体重と体脂肪率脊髄小脳変性症と付き合うブログこういうニュースがあったんですが>>

コメント

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss