脊髄小脳変性症と付き合うブログ > さくら・もも > 脱走した「もも」

2011/08/05/ (金) さくら・もも

脱走した「もも」

さくら・もものカテゴリですが

写真はないです

今日の朝、トイレに起きた時

台所に直結の納戸のまどがちょうど「もも」が通れるくらい開いていて

その開いたところの横で「さくら」がすわってました

それを見た瞬間

あいつ外へ行ったなとおもいました

寝息を立てていたカミさんを起こし

外を見てもらったとき

庭のほうから

「にゃ~」という鳴き声

で庭に回ってもらったところ

いました

でリビングから抱っこして家の中へ

おなかが減っていたらしく

帰ってきてすぐドライフードをたべてました

脱走したのは初めてではないですけど

一瞬凍りついた感じだったりして

まぁ

もともと外へ行くのが猫にとっては普通のことですけどね

家の前がバス通りで結構交通量があるのでそちらは危険なのでした

今まで通り家の中がメインになりますが

たまに脱走するかも(もも限定、さくらは外が怖い)

<<今日の分数脊髄小脳変性症と付き合うブログ今月でまる3年>>

コメント

  • No title
  • 1237.雨の競馬場
  • 2011年08月06日 |
  • たかのめさん、こんにちは。我が家の雄猫も最近脱走します。玄関の戸が2,3センチ開いてるとムギューと体でこじ開け外へ出る、けどまだ遠くへは行きません。おっかなびっくりという感じ。でも其の内慣れたら危ないかも。去勢手術に病院へ連れて行ったら、(この子は睾丸が降りてないよ)と言われビックリ!宦官猫です。そのせいかオデブで性格はおっとり?世話出来るのが幸せです。
  • [編集]
  • Re: No title
  • 1238.たかのめ
  • 2011年08月06日 |
  • 雨の競馬場さん、こんにちは
    猫の脱走はどこでもあるようですね
    うちのも「もも」は脱走しなくても
    いつも窓際で外を見てます
    その猫はニューハーフだったんでしょうかね(^^;
    自分は猫砂とかエサをやったりはかなり難しいので状況を見ているほうですね
  • [編集]

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss