脊髄小脳変性症と付き合うブログ > 脊髄小脳変性症の症状など > 病気の進行と運動やリハビリでの筋力や体力の増強の関係

2011/05/31/ (火) 脊髄小脳変性症の症状など

病気の進行と運動やリハビリでの筋力や体力の増強の関係

長いタイトルですが考えたことがありまして(^^;

運動(リハビリ)を初めて

体力や筋力を増強しているときは

抑制が強くでる

体力や筋力を維持しているときは

抑制はそれなり

という関係がありそうな感じ

この考えは実は結構前からしてます

自分の場合

増強の期間は過ぎた気がしてます

そのせいで

進行スピードは変わらないのに

受けるスピードが以前より早く感じる

その考えが当てはまりそうな気がします

でも

運動(リハビリ)はやったほうがいいと思ってます

そして始めるのは早いほうがいい

自分としては

自分の力が及ばないところで進行するものは受け入れようと思ってます

ではもっと筋力や体力を増強したらということもありますが

今以上だと結構大変ですね(^^;

とりあえず

維持していこうと思います

<<病院のリハビリにて脊髄小脳変性症と付き合うブログ2011.5.31 5月も終わり>>

コメント

  • はじめまして
  • 1160.
  • 2011年06月01日 |
  • はじめてコメントさせて頂きます。脊髄小脳変性症で検索しこちらのブログにたどりつきました。
    妹がこの病気です。歩き方がおかしいなど原因不明の症状は二年ほど前からありましたが、さまざまな検査、通院の結果この病名を告げられました。ですが妹はそれを受け入れません。自分がそんな病気のワケがないと言い張り、難病指定も申告しないし、その後の検査にも行っていません。当然リハビリなどもせず、毎日部屋でボーッとしています。今はまだ自力で歩けます。階段はダメです。なんとか説得して、治療法はないにしても、障害年金位は貰ったらと思うのですが、どう言えば良いでしょう?
    ぶしつけな質問で申し訳ありません。どうかご助言をよろしくお願いします。
  • [編集]
  • Re: はじめまして
  • 1161.たかのめ
  • 2011年06月01日 |
  • 冬さん、こんにちは
    妹さんがこの病気の診断をされたとのことですが
    親御さんからの遺伝とかではなく孤発性でしょうかね
    この病気の6割は孤発性で原因不明
    残り4割は私のような遺伝です
    病気の診断をされても認めたくないのは誰しも通る道といえます
    受け入れたくなくても症状がついて回るので受け入れるより仕方ないところもありますが
    孤発性の場合
    本人が調べることも重要
    そして得た情報をご家族で共有し支えていくことが必要
    この病気は一人で立ち向かうのはかなりつらいといえます
    周囲の方の理解が重要
    障害年金の受給ということですが
    障害者手帳はお持ちでしょうか?
    2-3級でなければまず通りません
    通っても月に65000円ほどです
    また通るときでもこの病気で医療機関にかかってから1年半の待機期間が必要です(初診日要件)

    伝える内容としては
    この記事の内容をご自身の言葉でお伝えください
    http://blogscd.blog70.fc2.com/blog-entry-310.html

    プラスして
    病気だとしても人生終わったわけではないと
    これからの人生を新しく始めると
    周りの方も一緒に頑張っていくと
    ご本人が受け入れたくないのは当然です
    ですが受け入れたときが病気に対する付き合いの始まりといえます
    リハビリなどはやらされるものから始まるかもしれませんが
    だんだん自分からやるべきと認識するはず
    遅行性の病気
    受け入れも時間がかかります
    医療機関からそう診断されたのですから
    これがはじまり
    すぐには理想へは到達しませんので
    これからを考えていくのがいいと思います

    参考になればいいのですが
    ご不足を感じた場合
    メールをいただけると幸いです
    http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P61029660
  • [編集]
  • ありがとうございました
  • 1162.
  • 2011年06月02日 |
  • たかのめさん、お返事ありがとうございます。妹は原因不明の孤発性です。過去の記事、大変参考になりました。妹も私もショックが大きくパニックになってしまいました。これからいろいろ勉強し考えていこうと思います。メールもさせて頂くかもしれません。本当にありがとうございました。
  • [編集]
  • Re: ありがとうございました
  • 1163.たかのめ
  • 2011年06月02日 |
  • 冬さん、こんにちは
    診断を受けたばかりの時はパニックになるのが普通
    自分は遺伝なので父親から言われていて疑っていたのでちょっと違いますね
    私でお力になれるのであればメールで連絡をお願いします
    診断を受けたところがスタートということですから
    これからいろいろな環境の整備も必要
    病気に対する勉強も必要でしょう
    それは少しずつ噛み砕いて行ってください
  • [編集]

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss