脊髄小脳変性症と付き合うブログ > 脊髄小脳変性症の症状など > 細かい作業を補強するために

2011/04/11/ (月) 脊髄小脳変性症の症状など

細かい作業を補強するために

最近、キーボードでも打ちミスが増えてきたり

小さな作業がつらくなってきているので

補強を考えました

条件はこれ

日常的にできる

家での運動より頻度は高く

どこでもできる

考えた結果出てきた新たなルール

それは

たかのめは一日に何度もガムを噛みます

そのガムの包み紙が2枚あるのですが

そのうち一番外側のもの

これを捨てる前に3回折る

これだけですが

一日の回数にすると結構な数

日常的にできます

運動より頻度は高いです

常に持ち歩いているのでどこでもできます

という形で3つの条件をみたしまして(^^;

とりあえず「心がけ」から

習慣化へ持っていこうと思います

<<震災後初の脊髄小脳変性症と付き合うブログ今月の病院の予定>>

コメント

  • 1127.23の☆
  • 2011年04月12日 |
  • こんにちゎ☆

    結構ぉきる強めの余震が怖ぃですょねo

    もぅとっさに立てナィし何かにつかまらナィと歩けナィんで目の前にぁる机の下にかくれるコトにしましたo

  • [編集]
  • Re: タイトルなし
  • 1128.たかのめ
  • 2011年04月12日 |
  • 23の☆さん
    余震、おさまりませんね
    自分は強い地震の時は部屋と部屋の間に立ちます
    で両手で体を支える
    情報なのですが
    命の3角形というモノをご存じでしょうか
    アメリカのレスキュー隊の隊長さんで600人以上救出経験がある方の話です
    机などの下に隠れると
    天井などが落ちてきた場合
    一緒につぶされてしまう
    で生き残るための命の3角形というのは
    じょうぶな家具などの横に座り込んで体をなるべく小さくすること
    これで天井が落ちた時
    まずはじめに家具に当る
    人のいる場所は守られる可能性が高いというモノです
    逃げる時のマメ知識でした(^^;
    早く余震が落ち着いてくれるといいんですけどね
  • [編集]

コメントする

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss