2012/01/31/ (火) 思いつき日記

2012/1/31 1月末日 月末のシメ

2012年も1か月が過ぎました

今年はあと11カ月しかありません

というと短い気がしますが(^^;

今月のまとめを

今月の運動の回数

14回

玄関先の工事をしていたため今月は医療機関へは歯医者を除いてかかってない状況

14回だと50%をきってますが

これは休みから開始して休みで終わったため

なので実質は50%です

来月からS先生のところは復活予定

Yさんのところは天気と相談

玄関先をスロープ化したので傾斜があり

凍った場合

通れないということになるので

運動メニューには変化なしです


ネットの仕事の話

自分的には壁がありました

その壁は目の前にあるキーボードへの対応

前より格段に遅くなり

プラスミスが増えたことで

作業時間が長くなった

それで

一時自分をおさめるのに遠ざかりました



自分の中で消化して壁を超えた感じ

それはやり方というより体の問題

遅くても

ミスが多くても

まだできるという答えに到達したので

そして今できることすべてがありがたいリハビリということ

理屈では分かっていましたが

感情的に納得してなかった

そんな壁が来た月でした

そのせいか

月トータルは前に比べると今一つでしたが

原因がわかっているので修正です


娯楽のほうは遠ざかって久しい

行ってないということです(^^;

自分が月締めの記事を書くのは

いくつか理由がありますが

近いところの目標を確認するため

そうしないと

精神的にそれほど強くないと思っている自分は

流されます

日常に

日常を自分のものとするために

目標は今時点まで落とし込まなければ絵に描いた餅ということ

今を大切にするためなのでした(^^;

さて来月はどうなるかな

自分の中にはすべきことは固まってますけどね

2012/01/29/ (日) 脊髄小脳変性症の症状など

イメージと合致したアイテム

現在はまだしゃべれますのでコミュニケーションはとれているわけです

自分の父は

入院した時に気管切開をしてしゃべれなくなりました

その後は50音をかいた紙を指さして会話していました

その状況を見ていた自分がコミュニケーションツールとしてイメージしていたモノ

それとほぼ合致したアイテムをみつけました

それがこれ



条件として

モバイルタイプでないといけない(自分の手の届くところへ置くため)

パソコンのキーボードのようなものを備えていなければならない

打ち込んだ文字が相手に見れなければならない

そういう条件をクリアしているアイテム

デジタルメモといいます

今は必要ありませんが

いずれ必要になる可能性が高い

本来はメモですが

自分はそうは使わないでしょうね

こういうものがあると頭の片隅に置いておくといいでしょう(^^;

2012/01/29/ (日) 日常的に気がついたこと

通販には送料がつきものですが

通販には送料がついて回ります

無料だとうれしかったりして

送料があるので値段の単純比較ができなかったりしますが

楽天市場である(店名は伏せときます)商品を見ていて

送料別だったので確認していたら

面白いものを見つけまして

自分がいる本州や九州は同価格の送料

北海道はちょっとだけ高い送料



別料金の代表格沖縄は


















99999円

たぶん楽天市場の規約とかで

配送除外はできないんでしょう

それに対してのルール違反ではない配送除外と同等の表示

ありえない送料ですね

2012/01/26/ (木) コラム

自分の意思とは無関係に

以前病院でのリハビリにこういう人がいました

全て聞いた話ですが

本人には障害がありました

それは足と脳

それ以外は健康にみえました

自分も数回話しただけですが

きっかけは事故

その脳の障害のため

新しいことを覚えることが困難

リハビリのメニューも覚えられないという状況

そんな中、対策としてやっていたのが「メモ」

言われたことなどを忘れないうちにメモるのです

そういう対策をお話しした理由は

人間は忘れることができる偉大な生き物という言葉

言葉はいいんですが

足りないものがあります

人間は「嫌なこと」を忘れることができる偉大な生き物ということ

足したのは「嫌なこと」です

これを「いいこと」や「必要なこと」に置き換えた場合

忘れること=いいこととは言い難くなります

嫌なことを忘れることができるのはすごいことです

でも

必要なことを忘れると日常生活に支障が出ます

日本は高齢化社会

良い年齢を重ねていくために

必要なことを自分のものとするために

前述したような「メモ」は使える

脳に障害があっても有効といえる

必要なことを忘れて最悪の場合

火を消し忘れる

そうなった時

忘れたでは済まないことが起こりえます

そんな未来を自分の元に引き寄せないために

この方法は頭の片隅にでも置いておいてほしい

そして必要性を感じたら

思い出してください(^^;

2012/01/25/ (水) 日常的に気がついたこと

現実の話+追加アリ

違うブログで書こうと思ったんですが

知る人が多いほうがいいと思いまして

こういうニュースがありまして

大阪市職員手当を減額へ 橋下市長、住居や特殊勤務
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201201230050.html

公務員は平均年収が高いというのはご存じのとおりですが

あの平均年収にふくまれないのいがいろいろな手当て

その一例

手当一例----------------------
持ち家手当
地域手当
特殊勤務手当
時間外勤務手当
宿日直手当
管理職員特別勤務手当
夜間勤務手当
休日勤務手当
管理職手当
期末手当
勤勉手当
義務教育等教員特別手当
定時制通信教育手当
産業教育手当
農林漁業普及指導手当
災害派遣手当
扶養手当
住居手当
単身赴任手当
寒冷地手当
地域手当※3
初任給調整手当
特地勤務手当
へき地手当
通勤手当
特定任期付職員業績手当
任期付研究員業績手当
------------------

収入の約3分の1が手当です

ということは平均年収はあと2百万くらいあがる(らしい)となります

こういう手当

もらってみたいものです

消費税とか上げる前にやることがいっぱいあるのは

こういうこともはいりますが

政府は何もしませんね

削ったら役所が大臣の言うこときかないでしょうからね(今でもその傾向は大いにありますが)

ヨーロッパのあの国は公務員が多すぎて傾きました

世界で10本指にはいる経済大国が傾いた裏にはその一因として

多すぎる議員がいます

政府や役所は

スマートなほうがいいですね

追加

こういうニュースがありました

<公務員給与>人勧実施3党合意、今春から8.03%削減
毎日新聞 1月25日(水)13時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120125-00000047-mai-pol

約8.03%は基本給の話

削減は目減りします

それも記事でいうべきですね

ニュースは時事を切り取りますが

現実には時間は流れていきます

そこだけ切り取って判断することは危険かも

2012/01/25/ (水) 日常的に気がついたこと

ニュースへの切り込み口

ニュースというか

物事を多面的というか

いろいろな方向から見ると答えが違う場合がある

こんなニュースがありまして

15%への引き上げを=消費税でIMF幹部
時事通信 1月25日(水)1時34分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120125-00000010-jij-int.

多くの反応では

海外からも言われているので消費税は上げるべきというふうになる

そして政府もそれを大義名分として使うかもしれない

海外は原発の放射能の拡散データなど信頼性の高いものもありますが

この件に関しては違う

こういう見方もあるということで

海外から15%が必要だといわれても内部で多くの無駄があることを知っているわけではない

少子高齢化の最たる国なので

今税率を上げても数年後にまたあげようとする

対症療法ではなく

根治療法が必要

やらなきゃいけないのは

現存システムの改修であり増税ではない

海外から言われてもそれは一方向

海外は現状にそくしてない無駄の多いシステムはしらない

その視点からの発言ということ

やらなきゃないことを棚上げするための大義名分ではありません

2012/01/24/ (火) さくら・もも

落ち着く場所



猫はあり得ない場所がお気に入りになるんですが

この写真のように「さくら」の最近のお気に入りは

電話の上

たまにボタン押したりして

留守電解除したりして(狙ったわけではないですが)

留守電解除はボタンを長押ししないとできないんですが

電話の上から活動を開始するとき

前足を伸ばして「ノビ」をする

その時にちょうどボタンを押すと

長押しになるのでした

電話を使っている時にも上がることがあるので

突然切れることもあったりして(^^;

2012/01/23/ (月) 日常的に気がついたこと

政府のやり方

こんなニュースがありまして

<電力需給>政府今夏試算「6%余裕」伏せる
毎日新聞 1月23日(月)2時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120123-00000003-mai-pol

やり方がえげつないと思いました

本質は

九電のやらせメールと一緒

原発を動かさないといけないということを言うために仕組んだもの

自分の家では節電しました

それは

電力会社に言われたからではない



電力会社に少しでもお金をあげたくないからです

政府発表の数字は

必要に応じて変えますので

国内で一番信頼性が低い

低いというか

国民をだますという意味では

詐欺ですね

2012/01/23/ (月) 脊髄小脳変性症の症状など

二刀流

経緯

昨年末より玄関先のスロープ化の工事をしていたため

約1か月自宅待機

先日、髪を切りに久々に外に出て歩いたところ

左側にも支えがないとつらいと判断



ロフストランド杖の左手用を購入

これで左右がそろい二刀流となりました(宮本武蔵みたい)

届いた時は

一番小さくなっているので

自分に合わせて

長さ調整

左右いっしょ

通販では(楽天市場)

3000円台のロフストランド杖がけっこうある(検索キーワードは ロフストランド でやってみてください)



左右ともにそろえたいとか

このタイプがいいと思います

おススメの杖

このページでもお話ししています

同じお店でロフストランド杖で高かったもの

32000円でした

つまり

選択肢がたくさんあるということですが

意外と安価に購入できるものもあるということです

普通のT字杖を使っている方

ロフストランド杖はとても安定性が高い

プラス

進行性も高いです

2012/01/21/ (土) 日常的に気がついたこと

しきりといっている消費税の税率アップ

自分は増税反対派といえます

その理由はこう

社会保障と税の一体改革といいますが

役所のシステムを修正したりせず

足りないから税率を上げるという姿勢が見えるから

税率を上げていいのは数年

その後税収は下がる

それは歴史がそういっている

やることやらずに対症療法として税率を上げようとしている

数年後にさらに足りなくなってまたあげる

今のシステムではその時に今の内閣はいない

目の前に迫った障害物を避けるだけの政界

社会保障の中に

少子化対策をウエイト高く入れるべき

自分がもし選挙を変えていいのなら

45歳以下の人たちの選挙の1票の重さを変えます

重くすることで現役世代への政策を増やさないといけない

高齢化対策ばかり対症療法でやってきましたが

お金が足りなくなって消費税を上げると言い出した

例えですが

70歳の高齢者の方が存在するために

70年かかります

つまり

先を見て対応してこなかったつけです

2050年には2.5人に1人が65歳以上となります

自分がもし生きていた場合65歳以上のほうに入りますが

そういう簡単な数字の対応すらしてこなかったつけを

消費税上げに持ってくるんじゃありません

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss