2010/04/30/ (金) 思いつき日記

4月も終わり

4月も最終日

すでにGWに入って長期休暇の消化が始まった方もいらっしゃるでしょうね

4月から新しい生活を始めた人

新生活まで行かなくても新しいことを始めた方も多いでしょう

自分はあまり変わらないですけど(^^;

まぁ変わらないことを目標にしてますのでそれでいいという感じ

娯楽の方は散々

パチンコだけならかろうじてプラスですが経費がでなかったのでした

来月も同じようなら継続を考えなければなりません

5月はGWから始まりますが自分的にはあまり関係がありません

病気に休暇はないですからね(^^;

2010/04/28/ (水) 思いつき日記

今日はリハビリの日

明日の木曜が祝日だったため一日前倒しにして今日はリハビリの日でした

水曜という珍しい曜日だったためかこの間とは違うドクターに会ってからリハビリへ

そのドクターはあって第一声

「すいませんねぇ、お付き合いください」と

状況はわかっているようです

血圧はかって若干の世間話をして終了

そのままリハビリルームへ

今日もいつものメニュー

でしたが2回ほどやった腕まわし(無限の字)の、やるところを若干移動

筋トレの前に移動しました

今日リハビリルームにいた人は自分のほか3人

私以外入院患者さんのようです

1人は自主的にいろいろな運動をする人

1人は口は達者でも言われたことをきちんとこなす人

1人は歩くのもやっとですが賢明に挑戦している人

今日はさぼる人はいなかったようです

高齢社会になっている状況の中

後数年後には4人に1は高齢者という現実が来ます

そうなったときに必要なのが自助努力

長生きするのは重要ですが

それに健康をプラスしてできるなら活動的に長生きしたいモノ

そのためには自助努力が必要ですね

それを啓蒙するようなTV番組もありますが

それ以上に食べ物を取り扱う番組が多いので

総合的にみるとTVは健康にはマイナスですが

全体ではなく情報の取捨選択でいいところだけつまみ食いすれば有用ですね

情報はあふれているこのご時世

選ぶことをしなければ振り回されてしまいます

情報を知識として行動して知恵として自分へ

そうすることはが活動的な長生きにつながってくるのでしょうね

さて次のリハビリは来月の6日の木曜の予定です

2010/04/27/ (火) 思いつき日記

最高値連続5分

これはエアーウォーカーの話です

今までは連続早歩きは連続4分が限界でしたが

5分連続を達成しました

25分の間に

数字の前と後ろには2分の通常歩きが入ります

1 5 3 2 1

都合足すと12分

これが現在の最高値

3 5 5 2

これが最終到達形ですかね

25分というトータル時間を固定するとこんな感じ

連続5分を2回連続というかなりつらそうな状況

最近思っているのが

あまりつらいと続かないというのがあるのでどうしようかとかんがえているということ

10分相当の早歩きくらいが妥当ではないかということ

体力が上がっていくのはうれしいことですが

部活をやってるとかアスリートの方ではありませんからね

あくまで続けることが重要

無理したら体が悲鳴を上げますから

10分相当だと連続4分とかで収まるのでした

12分までいきましたが

10分相当でしばらくやってみようかと思ってます

2010/04/26/ (月) 雑記

呼称の統一

自宅でやっているリハビリと病院でやっているリハビリと区別する意味を含めて呼称(呼び名)を統一しようかと思います

自分の中では難病持ちの自分がやることなのでどちらもリハビリのような感じですが

家でやっているものを今後は「運動

病院でやっているものを今後は「リハビリ

という風に統一していこうと思います

過去の記事については修正はいたしませんのでこれからの記事についてです

病院では理学療法士の方がいらっしゃいますので運動ではないわけです

呼び方がごちゃごちゃしてきたので統一いたします(^^;

2010/04/26/ (月) コラム

病気を二つに分けるとしたら

こういう分け方で分けたらどうなるのかなと思った分け方

それはどういうことかというと

1、人生を変えてしまう病気

2、人生は変えずにアクシデントとして起こる病気

1に該当するのはがんなど命のかかわる病気も含まれます
そして脊髄小脳変性症もそちらに該当します

2、に該当するのは風邪などの軽いモノから完治ができるモノ全般ということになります

医学(医療)の発達で2に該当するものがだんだん増えていきます

ただ1に該当するものも若干増えます

それは以前は正式な病名がついていなかったり新しく発見されたりするからです

母体となる数は全体が増えていきその割合は2が少しずつ上がっていくという感じです

脊髄小脳変性症は数十年来根治できていない病気

痛みなどはほとんどありませんが人生に多大に影響を与える

10年前は元気に働いてましたからね

誰しも病気になることを望んでいませんが

病気になるリスクを上げる生活をしている人は多いです

タバコもそう過度のお酒もそう

そして偏った食事もそうです

それらから誘因される病気は1に該当してきてしまいます

よくこんな人がいます

「タバコで死ぬなら本望だ」とか

同じようにお酒をそう捉える人もいます

でもそういう方も何かあると救急車を呼び医療機関にかかります

言葉を選んでいえば

自分の言葉に責任を持てていない

悪い言い方をするともっとひどくなりますので控えますが

1に該当するような病気

なりたくはないものですが

病気になるための生活習慣を変えていかなければならない人が多い気がします

消費しなければ経済は回復しませんが

過度の消費

特に体に入れるモノを過度に消費すると

余計なモノがついてきます

病気は軽いモノからそうでないモノまでありますが

1に該当する病気を回避していくのは生きている人の責任のような気がします

回避できるものはですけど(^^;

2010/04/25/ (日) 言霊

変えられないモノ

それは歩いてきた過去の出来事

行ったことそうでなかったことの積み重ね

でも

変えられる過去

それはこれから起きる未来

未来は時間とともに過去となる

あなたを形作るのは過去のこと

そしてそれは変えられる

今日のあなたが変わることが

過去のあなたを変えるきっかけとなります

2010/04/22/ (木) 思いつき日記

診療の延長に

薬もリハビリもある

それが今回4月から変わった医療制度のようです

なので薬だけをもらうと前は30日分とかありでしたが診療なしで薬だけ貰うと7日(1週間分)が限度とか

そう初めにあった内科のS先生が言ってました

でもこうも言ってました

「来れる人はいいけど寝たきりなどで診療が受けられない場合も短期間分の薬しか出せない」と

この改正

修正が必要でしょう

現実的に医師の診療が必要な場合もわかりますが定期的に医療機関にかかる人や

理由があって診療を受けられない人などの場合

特例があってしかるべき

全てをいっしょくたにはできないと知る必要がありますね

先日から入れたリハビリメニューに使う器具

">

どのように使うかというと

この台のところにある黄色いのはおもり、それが巻いてあるところは可動式、それを両手で持って机の盤面いっぱいに無限の文字を書く

それがこの運動

家でやっているので似ているのがあります

このときに体全体で行くのではなく体幹は動かさずに手を伸ばす感じ

その時に意識するのは肩の筋肉

左右と体が伸びる感じです

これを20回無限の文字を書く

それを追加しました

15回を超えてくるあたりで肩が熱くなり始めます(自分は)

リハビリの前にドクターにあったりすることで若干終わる時間が遅くなっている病院でのリハビリ

なので逆にはじめを若干早くしようかと

いつもより10分ほどはやく家を出ようかと思ってます

そのために目覚ましも10分早めたりして(^^;

写真のおまけ

癒し猫さくら


飼い猫というとペットショップで高い値が付いているのが当たり前ですが

うちは三毛猫

自分の猫のイメージって三毛猫かトラ猫なんですよね(^^;

2010/04/20/ (火) 思いつき日記

今日も10分相当ですが

日々の自宅リハビリのエアーウォーカーの早歩き

今日も10分相当でしたが

今までとは違う配分

1 4 3 1 1

これで10分相当

山に例えるとはじめに思いっきり登ってしまって後は楽になる形

この形でやったら疲労感が少なくなりました

のでこの方がいいみたいです(^^;

とりあえずこの形で10分相当を定着させよっと♪

2010/04/20/ (火) コラム

リハビリのもたらすもの

リハビリをはじめて莫大な時間を費やしたと思います

これからもそれは増え続けるでしょう

でも

それ以上に得たものの方が大きい

単純な計算ですが現状に当てはめると

3日でワンサイクル

3日=72時間

3日のうちでリハビリにあてる時間は約2時間

日常生活を維持するためのリハビリです

つまり

2:70で得ているモノの方が大きい

1日にすれば 1:23です

考え方ですけど

こんなに得をしていると考えられます

自分を納得させるための詭弁かもしれませんが

数字で書くと面白いものです

リハビリの効果は日常生活に現れるもの

そしてそれは続けなければならない

治る病気の方や機能回復のリハビリとは意味合いが若干違いますが

たかのめがもしリハビリをしていなかったら

こうしてブログをつけることもできなかったでしょうね

2010/04/19/ (月) 脊髄小脳変性症の症状など

病気のスパイラル

スパイラルというと「デフレ・スパイラル」が耳に良く聞く言葉でしょうね

あれは負のらせん、悪いことを積み重ねて落ちていくという感じ

この病気のスパイラルもそれと似ています

言葉でいうとこうなります

脊髄小脳変性症の患者は痛みなどはほとんどありませんが動きがスローペースとなったりできないことが増えていきます

増えた時に億劫になって実際動かないと筋力が落ちてさらに動きづらくなります

動きづらいのが原因となってまた動きが鈍くなります

こうして病気のスパイラルが出来上がります

これを断ち切るまではいきませんがなるべくスピードを遅くするのがリハビリなどの運動

病気のスパイラルにいることは事実として動かせませんが

最終視点まで落ちるスピードは個人にゆだねられる割合が多い

何もしなければ早く落ちるだけのことです

早く落ちたくなければ日々抵抗しなければならない

医療が進歩して病気のスパイラルを断ち切ってくれるまで

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss