2008/11/30/ (日) コラム

自助努力

人間は知識を得られる動物

でも得た知識を使わなければその知識を得ていないと同じ結果が待っています

リハビリや運動は自助努力です

こうしたらいいということをやっていくわけです

麻生総理が発言したことの真意は健康意識の啓蒙が必要ということでしょう(弁護するわけではありません、本来言葉をもっと選ぶべきです)

いろいろ調べてみてたとえば杖などが必要になった場合、状況によってはそれが助成されるという制度があるわけです

でもここで必要と思うのは杖が必要になる前の人に対する助成、リハビリの推進や在宅でできる運動器具の助成だと思います

そういった自助努力を支援する助成システムがないのです

障害は進ませたくありません

でも病気などが進んで車いすや寝たきりになったら保障してあげますという支援システムが多い

これでは医療費がかさむ一方です

だから必要なのは自助努力を支援するシステムと予防医学の徹底

今のままでいくとどうなるか

医療費で国が崩壊します

高齢社会で病院の常連が増えた場合

誰がその医療費を負担するのでしょう

少なくなる現役世代です

年金システムもそうですが

今払ったものが今使われるシステム

だから少子化で現役世代が減るとそのまま負担に跳ね返ります

やらなければならないのは健康で長生きを目指すこと

たかのめは脊髄小脳変性症とは付き合っていきますがそれ以外の病気はほしくありません

年に数回ひいていた風邪も運動をするようになってからひかなくなりました

体は動かしてあげるとよいサイクルに入っていくのです

健康な人はぜひスポーツなどで汗をかいてください

近い将来

たぶん上がるであろう保険料

その根拠はメタボなどのリスクを持った人

集団検診がなくなって個人が尊重されたように錯覚しますが

医療機関にあなたの個人データは把握されます

その時にメタボだったりしたデータも把握されているわけです

そして言われるのが

あなたの保険料は上がります、メタボで生活習慣病のリスクが高いから

こう言われたら返答できますか?

あの言葉を吐いた総理が政治をやっているわけです

このことが現実化しないとはいいきれない

一理はあるかもしれませんが時期尚早という感じが否めません

その前にすべきことを国民に啓蒙していかねばならないのに

負担が先に来る可能性があります

自助努力で未来の自分は変えられます

それは小さな心がけからスタートできるものです

2008/11/29/ (土) 思いつき日記

いつまでも元気で

今日は急きょ実家に来ていた祖母と会うことができました

昨日の夜に連絡をもらって急にこちらに来ているということだったので会いに行ったわけです

実家は同じ県ですが祖母は隣県に住んでいます

車で行くと1時間40分くらいかかる場所です

そちらに行った母の帰りの車に乗っかって急にこちらにきたということ

現在祖母は一人暮らし(犬1匹、猫2匹が同居)しています

山育ちなので山の幸のことなどはとても詳しく、毎年収穫したりするのを楽しみにしている人です

今年で84になるのですが山歩きをしているせいか足腰はしゃんとしていてとてもその年には見えません、団地で同世代の人と並んだら全然違うという感じです

短い時間でしたが祖母とあって昼食を一緒にとり、実家近くのお店で買い物をして帰宅しました

一か月に一度くらい母が祖母のところへ行っている状態

介護などはもちろん必要なく元気そのものだったりします

いつまでも元気でいてほしいと思うおばあちゃんです

小さい頃は夏休みになるとそのほとんどを祖母の家でたかのめはすごしました

そのため現地の子供より魚とりがうまかったり現地の子供のようにそこらじゅうを駆け回っていました

おばあちゃんこだったわけです

今はできませんが木登りや虫取りもいっぱいやりました

当時は家でやるファミコンなどはありませんでしたので自然の中で見つける遊びがメイン

今思えばいい時代でしたね

もちろん今もいい時代かもしれません

感じ方の問題でしょう

懐かしさも手伝ってそう思うのかもしれません

いろいろなことが今はもうできないことが多いですがその記憶を持てたことは貴重な体験だったわけです

そのイメージは鮮明に頭に焼き付いているもの

思い出は写真より鮮明に

脊髄小脳変性症は大脳は影響を受けないということが幸いです

おばあちゃんいつまでも元気で長生きを♪

2008/11/28/ (金) 脊髄小脳変性症の症状など

下半身強化の座ってできるリハビリ

脊髄小脳変性症の初期症状として起こるふらつき

それを抑制するのが筋力です

下半身の筋力をつけるためにたかのめがやっている座ってできるものをご紹介します

これはリハビリの担当のYさん(理学療法士)より教わったものです

まずすべてに共通しますが姿勢を背筋をピッと伸ばした形で行ってください

1、片足ずつ上げる運動
座ったまま片足の太ももに力を入れつつ上にあげます(約5秒)これを足を交互に片方20回程度を行います

2、ひざ下をのばす運動
座ったままひざから下でけり上げるように前に突き出します、このときに姿勢が後ろに行きがちですがそうならないよう、またつらくなりすぎないくらいでこれも約5秒を片足、交互に20回程度です

3、アキレス腱周辺強化
座って両足をそろえて座ります
それでカカトをつけてつま先だけを上げる、動きは少しですがこれも5秒くらいで20回程度を行います結構つらいです

4、つま先強化
3、の運動と逆で足を揃えて今度はつま先をつけてカカトだけを上げます、これも5秒くらいで20回程度が目安です

5、太もも強化の運動
胸の前に腕を伸ばした状態で手を合わせます、手はその状態のまま椅子から立ったり座ったりを約20回、これもゆっくりやると結構つらいです

おまけ
おまけは下半身強化ではありませんがたかのめがやっているものです

首回し
まず前、後、左、右と首を4方向へゆっくり倒すことをやったあと首を回します、回し過ぎると気持ち悪くなるのでならない程度にしてください

腕の付け根の運動
何でもいいのですが手にものを持ち、肩幅程度に開いた状態で開始地点は自分の胸の前、そこから腕を伸ばした状態で90度動かします、バンザイの状態と胸の前に腕を伸ばした状態を交互にする運動です

すべての運動が座る場所さえあればできるものです

つまり家でもできるもの

リハビリの参考にどうぞ

2008/11/27/ (木) 日常的に気がついたこと

選んでない総理

いろいろな失言でメディアを沸かせる麻生首相

仕組み上総理だとはおもいますが

国民の総意で総理になったわけではないといえますよね

だって国民は現総理に投票していない

アメリカはあれだけ広い国でも大統領選挙で国民が選んでいます

でも日本は?

麻生さんは自民党の総裁であって総理ではないといえそうな気がしてきました

例の発言に対しての記事がこれ

医療費不適切発言、首相「おわびする」
11月27日14時19分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081127-00000025-yom-pol

この発言の前に医師不足に関連しての発言がありました

その陳謝をした3時間後の発言が例の発言

周りもはらはらもんです

というか

ここまでひどいと呆れてきたりして

仕組み自体に問題がある状態

与党と野党も入れ変わらずに一党政治のまま

先日逮捕された高級官僚殺傷事件でも出てきたことですが

大臣や議員より高級官僚の方が悪だと

でもやおもてに立つ大臣クラスも国民は選んでいません

これでいいのでしょうか?

何のための選挙なんでしょうね

間接的に反映するということにしかならない

直接的に国民の意思を政治に反映することは今の仕組みでは無理に見えます

そこを変えてくるのはいつになるのでしょうね

上がらない投票率

今まで見てきた中で70%を超えたことはないような気がします

50%台とかが多い

半分近い人が政治から離れている現状の方が当選したしないに浮かれるよりも重要だとなぜ気がつかないのでしょうね

2008/11/27/ (木) 思いつき日記

ああ、勘違い

今日は病院でのリハビリをしてそのあとにクリニックに行くつもりでしたが

クリニックの休診日を水曜と木曜を勘違いしてついてから「あ」となりました

というわけで来週の水曜あたりにクリニックにいくことにしました・・・

今日リハビリの時に担当のYさんに聞いてみました

寒くなると病気が進行するってあるんですかね?と

もちろんドクターじゃないので正しいかはわかりませんが

寒くなると筋肉が寒さ対策で震えたりして対抗するのでそれが進行したと思ったりするのではとのお答え

自分が持っていた答えとだいぶ近かったです

寒くなるとおまけに出不精になりがち

そうすると筋肉も使わないので落ちる

ふらつきを抑制してくれている筋力が落ちてしまうので

結果

ふらつき度がまし進行したと思う

そんなサイクルかなと思っているわけです

自分としては寒くなっても生活サイクルを変えるつもりはありません

フィットネスクラブでも最後はプールに行きますしメニューもそのままです

その方がいいかなと

筋肉増強で増えたと思われる体重

体脂肪を維持しながら体重を増やすことができるとちょっとうれしくなったりします

2008/11/27/ (木) 日常的に気がついたこと

読んでて腹の立ったニュース

この発言をしたのは麻生総理です

首相「何もしない人の医療費、なぜ払う」、諮問会議で発言
11月26日23時36分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081126-00000070-yom-pol

運動をする時間も与えないほど働きづめの社会を作って来たのは政府

そして悪くなったら保障するという社会保障を作ってきたのも政府

実際動いてみて思います

もっと悪くなったら保障してあげますよという制度がいかに多いか

逆にこれ以上悪くならないように支援する制度がほとんどありません

医療費を莫大にする仕組みを作ってきた政府の人の発言

リハビリを頑張ったり運動を頑張ったり

そうしようとする人を支援しないで医療費だけ削減しようと考えること自体が無理です

自分も年をとるのに

今は健康かもしれない

自分の努力が届くうちはいいですがそれが届かなくなったときにも同じ発言をするでしょうか

見ていて腹が立ちましたこのニュース

2008/11/26/ (水) 思いつき日記

気になる体重

今日はフィットネスクラブでの運動の日

カミさんが出たいプログラムが12時からだったのでそれに合わせてGO!

自分はいつものメニューをこなし、お風呂場の脱衣所の体重計にのってみました

51.8kg

52kg前後を推移してます

体重が一段階上がった感じです

前は50kg前後を推移していたので運動の中身を筋トレ主体に変えたことでの筋肉増量と取れるものです

ちょっと気になったニュース

<こんにゃくゼリー>マンナンライフが製造再開、来月販売へ
11月26日11時29分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081126-00000029-mai-soci

例の窒息事故の後、製造を中止していたのが再開へ動くようです

個人的に思うのですが

あれは事故と呼ぶのがいいかと

だって変な話

モチだって喉に詰まらせて亡くなる人が毎年いるわけです

でもモチに関して行政指導ってあるんでしょうか

そう考えると

指導すべきは消費者という風になりえます

食べる時に注意するということ

自分はあまり食べないので何ともいいがたいのですけどね

さて明日は病院でのリハビリの日+定例のクリニックで月一の診察、先生と世間話してきます

2008/11/25/ (火) 思いつき日記

火曜で娯楽の日

今日は火曜で娯楽の日でした

結果は2000個使って7000個の回収となりました

パチ屋にはいろいろな人がいますが

一度も打っているのを見たことがないおじいさんがいます

そのおじいさんは年は80位でしょうか

歩くのも大変そうな感じで杖をついています

歩くときは20cmくらいずつ一歩一歩歩いています

たぶん

近くの人で気分転換と歩くリハビリに来ているのでしょう

車いす一歩手前という感じのおじいさんです

たかのめがホームとしているお店は形的に回りを通路が囲むようになっています

なので歩くという意味ではそこを何周とかやっているのでしょう

周りでは煙草を吸う人もいませんので屋内のいいリハビリ場所かもしれません

でもホームには障害者用のトイレがなかったり車いす駐車場がなかったりとそういう部分は遅れています(たぶん遊技場の規定にないのかも)

椅子も固定されているので車いすの人はそのままでは打てません

スーパーとかの施設はそういうものはありますけどね

今度投書してみようかな♪

2008/11/24/ (月) 言霊

価値観を操る

多くの人が当たり前に持っている価値観

でもその価値観の基準が自分の中にない人がいます

そうすると

自分の人生なのに他人に多大な影響を受けて生きているという人生が出来上がります

たかのめは以前は健常者でした

そして損得を基準として得をすることが最良として生きていました

また人よりいい車に乗ったりいいものを食べたりすることで優越感を得ようとしていました

この価値観は基準が外部にある価値観です

では今の価値観

人よりいい車に乗りたいか?

車に乗れているのがすでにいいこと

人よりいいものが食べたいか?

おいしいと感じる方法は高いものではなくおなかをすかせて食べるものが最良

価値観が変化してきています

そして基準が外部から内的なものへシフトしてきています

また若いころの価値観だったので物事の表面的なところしか見えなかったのが少し掘り下げられるようになっています

人から影響を受けた価値観に振り回された人生を送っている人はとても多いです

価値観の根幹を生きていることに置いてみると

すべてが変わるのです

生きていなければできないこと

できることすべてがありがたいという価値観の創造となります

そうなったときに意味をなさなくなるものがあります

それがコンプレックスなどの悩み

そんな簡単にいかないという方ももちろんいらっしゃるでしょう

価値観を変えたからすべてが変わるなんて信じられないでしょう

その価値観は自分の想像の範囲の先にあるからです

たとえば

髪の毛で悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます

たかのめは悩んでませんが

仮に髪の毛がなくなっても悩んだりしないでしょう

がんの薬の副作用のように脊髄小脳変性症にこの薬が効くといったものが出てきて

副作用として髪の毛が抜けると言われたら

迷わず服用します

価値観の基準を自分の中に持った場合

それを操ることができます

操ることができるということは

自分の人生を自分が主役で生きられるということです

あなたの人生をあなたのものにする方法です

2008/11/23/ (日) コラム

毎日更新していると

このブログ引っ越しの期間は止まっていましたが戻ってきてからはいつも通りの1日1更新以上のブログになってます

そのせいか、アダルト系のコメントが多い

1日に数件は必ずあります

削除したり拒否したりするのですが

減らないですねー

消すしかないのですけどね

IPもサイトもメルアドも変えられてしまうので拒否してもくぐってくるのです

なので減ることもないのですが

いっそそういうサイトを一覧にして公開してしまおうかとおもったりします

でもそれをやってどうなるわけでもなく

行かないサイトのリンク集を作るのもばからしいので削除するだけなのですけどね

ちなみに今日入った件数は3件でした

承認することもないので目に留まることもありません

管理サイドのお話でした

なんかいい手を考えないと作業量はいつもあるわけです・・・

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss