2008/06/30/ (月) 雑記

お知らせ

たかのめです

自営業で生計を立てているたかのめですが、数日前から壁が来ておりまして仕事に注力することとしました

週4、5回のフィットネスクラブは変わらずにそれ以外の時間を仕事に振り分けることを余儀なくされた状態

でもブログはやめずにこれまでのようにはいきませんが更新頻度を落としながら続けていくつもりです

経済的な部分が回復したところでまた、前のような更新頻度に戻るでしょう

たかのめ

2008/06/27/ (金) コラム

止まらないもの

先だって止まっているものという記事を書きました

今度は止まらないものです

たかのめの脊髄小脳変性症も進行は止まってはいないでしょう

でもそれではなく

止まらないもの

二つ挙げようとおもいます

1つは物価上昇

原油価格の高騰が招いたさまざまなものの値上がり

止まった感はありません

ガソリンは来月はまた上がるでしょう

毎月のように上がっている異常事態

つられて上がっている物価

止まらないものですね

さてもうひとつ

いろいろなところを見ていて思うこと

モラルの低下が止まらない

ルール違反以前の問題

落とし込めば「しつけ」の問題でしょう

年齢も関係ありません

30代そこそこの若造が何を言うかという叱咤もありそうですが

実際自分より年齢が上の方の常識を疑うことが多くなってきています

たかのめの数少ない外出先の一つフィットネスクラブ

そこで見ることが多いのです

利用者の年齢はほぼ全部が自分より上と思います

通って一年以上がたちましたが

その間に目についたことをいくつか

土足厳禁の場所で靴を床に置く人(ロッカールーム内)

脱衣所で備え付けの扇風機を電源を入れっぱなしでいなくなる人

お風呂で体も洗わずに湯船に入る人

立ち止まることでほかの人の迷惑になるプールでのウォーキングで止まって話し込んでいる人

携帯電話禁止のロッカールーム内で携帯で大声で話している人

部屋の出入り口で座り込んで新聞を読んだりしている人

あげたらきりがありません

小さなことです

あまりに小さなことだったりするのでルール化もされていないこともあります

でも

あたりまえだと思っている常識が通用しない人が増えてきているということ

モラル

しつけ

良心

それは最低限備えるべきもののような気がします

こんな記事を書くわけですから

当然、自分を律する必要もあると思っています

しなければならないこと

してはならないこと

それを判断して生きていくことが人間性を上げながら生きていくことになるのでしょうね

2008/06/26/ (木) 思いつき日記

リハビリの効果?

たかのめです

毎日リハビリ代わりにやっているニンテンド○DSのソフト、通称脳トレですが

その機能で脳年齢というものを出すことができます

毎日やっていてたまに実年齢を下回る(若返る)ことが出てきました

一番若返った時で27歳

実年齢から一回りマイナスの感じです

問題の中でどうしても認識しない漢字などがありますが

たぶん書き順などが違うのでしょう

ゲームに認識させるために毎日画面に文字を書いているわけです

普段の生活では意外と文字を書くことって少なくなっているものです

ゲームもまじめにやるとちゃんと効果が見込めるようでうれしい感じがします

体が動きづらい分、頭が鮮明になるのかもしれませんが

暗記モノが得意なたかのめです

でも考えてみると

中学、高校と勉強が嫌いでした

でも今は頭を使う仕事をしているわけです

勉強は嫌いですが理にかなった知識を得ることは好きです

だからよくTVのクイズ番組とかをみると答えたりして楽しんでいます

脊髄小脳変性症は運動失調などの症状があるわけですが

指先の細かな作業などが苦手になる側面があります

料理という選択肢もありますが

食べるのはいいんですが作るのは・・・

ということで毎日の指先のリハビリはPCとDSで文字を書くことなわけです

こうしてブログをつけるのもリハビリの一環なわけです

毎日の生活自体がリハビリとなる脊髄小脳変性症

やりづらくなることを率先してやることでリハビリ効果は期待できそうです

2008/06/26/ (木) コラム

先日いったクリニックにて

たかのめです

先日いったクリニックでドクターに言われました

「前向きに頑張っているね」と

一番はじめに行った現在通っているドクターを紹介してくれた先生に言われた言葉

「人生の目標をもつといいよ」

言われる前から持っていたわけですが

人から言われると何となくうれしかったりするものです

今は週に4から5回通っているリハビリ代わりのフィットネスクラブ

それにしても普通の仕事をしていては不可能

でもそれをすることができるように環境を整備したこと

それにより脊髄小脳変性症と付き合う環境ができたわけです

考えてみれば

自分が理想と思って目指した環境を作りえた

もちろんカミさんの協力も家族の協力もあってのこと

自分ひとりの力ではできなかったと思いますし

時期がずれていればかなわなかったでしょう

いろいろなことのタイミングがあったことでかなったこと

環境を作っている間は必死でした

でもほぼ完成して維持している状況

その状況を利して行っている病気への抵抗

こうしてブログをつけることも

普通の方は毎日更新などは難しいでしょう(時間的に)

自分も前のように派遣社員でいたらできないと思います

脊髄小脳変性症はすぐに死にいたる病ではありません

だから付き合う環境が必要

それは人それぞれ

自分を抑えることも必要な場合があります

動きづらくなる体と一生付き合っていくもの

普通の人が老いを感じるより早く体が動かなくなることを実感する病

脊髄小脳変性症であっても

できることがあるうちはすること

やりたいことがあるうちはすること

それが人間らしく生きることにつながるもののような気がします

2008/06/25/ (水) 日常的に気がついたこと

たばこの増税が現実味をおびてきました

たかのめです

たばこひと箱1000円時代に突入しそうな感じになってきました

ヤフーのニュースにこんな記事が

以下引用
たばこを1箱1000円に値上げした場合、最大5兆9000億円の税増収が見込めるとの試算を、厚生労働省研究班(主任研究者・高橋裕子奈良女子大教授)が25日までにまとめた。最大の増収幅は、日本学術会議の試算(約4兆円)を上回った。
引用ここまで

数値での目標値が明確になりつつあるということ

来年度に必要とされる税収アップ額(基礎年金の国庫負担額引き上げ)をたばこ税増税で賄えるということになりそうです

具体的だと思ったのは下記の一文

以下引用
ただ喫煙者は51・3~25・9%減ると予測、たばこ関連税は5兆3570億~8兆1510億円となり、3兆1000億~5兆9000億円程度の増収となるとしている。また喫煙者が80%減っても、2兆2000億円はまかなえると指摘。高橋教授は「値上げが実現しても、8割の人が禁煙するのは欧米の状況を見ても想定しにくく、税収減はあり得ない」と話す。
引用ここまで

ここであげているのは喫煙者が減るということを計算に入れているということ

最大8割喫煙者が減った場合でも税収は維持できるという試算

今のたばこの税金

300円の中の175円だそうです

それが1000円になった場合

875円だそうです

単純に87.5%が税金というものになります(現在は58%)

記事リンク
たばこ1000円、最大6兆円増収 厚労省研究班試算 8割禁煙でも現状維持

喫煙者の減る率はすでに1000円の価格を導入している外国での状況を踏まえてとのこと

かなり現実味を帯びてきています

消費税アップとたばこ税アップ

どちらがいいですかという選択を迫られそうです

でも対象者が違いますね

たかのめは喫煙者ではありませんのでたばこ税アップをされても何も変化がないのですが

税金の使用用途が明確になっているのであればやむなしという感じもします

たとえ消費税が上がっても

上がった税収を○○に使うと明言してそれ以外にもし使ったら厳罰+国関連事務から永久追放などの措置をするのであれば上がるのもやむなしと思えます

たとえば現在5%の消費税が10%になる場合

可処分所得から年間で5%ひかれていくわけです

本音は物価が上がっている中

これ以上の負担増は考えたくありませんが

国はお金を必要としている状態

もし税率を上げずにそのままにした場合

国債などでツケを未来に回すだけ

そう考えると今負担を上げたほうがいいと思います

でもそれは先にあげたように使い道をはっきりさせること

そうしなければ今の国の体質の場合

せっかくあげた税率での税収が一部の人たちの懐に入って終わってしまいます

賛否両論あるとおもいますが

大阪の橋本知事

たかのめは良いと思っています

あれくらい強硬にやらないとぬるま湯に浸かっている人たちは真剣にならないと思うわけです

体を壊さないかと心配になりそうなくらい頑張っていらっしゃいます

でも応援したい人です

余談ですが

基礎年金の国庫負担比率を上げる必要があるという状況

年金に夢をお持ちの方

調べた限り豊かな老後は年金ではなしえません

今の基礎年金の受給額を5倍くらいにしないと夫婦二人での老後は生活の安定は難しいです

そんな年金の状況の中で後期高齢者医療制度をやったわけですから大反対が起きるのは必然と言えるでしょう

未来の自分の生活は今の自分が保障していかねばなりません

民間などでやっている年金を積み立てる必要性は高まっています

今が良ければよいと思っている方

5年先、10年先、そしてもっと先

脊髄小脳変性症のたかのめでさえ考えていることです

無視することもできます

なるようになるさと思うこともできます

でも今日本で広がりつつある格差社会

何もしなければその下辺に落とされていってしまいます

それに気がついた人だけが努力を始めています

そして先の自分への投資を始めているのです

ひとつの事柄をみてそこからその後ろに控えているであろうものを予想する

それは日常的な仕事にも有用に働く手法です



2008/06/25/ (水) コラム

止まっているもの

たかのめです

ふと気がついたこと

自分の行動

最近よく行くのがブックオ○(古本屋)、レンタルのツタ○などなど

つまるところ本やDVD、CDなどを借りたりするわけです

思ったのは

古いもの、というか自分が昔聞いたようなCDや見たような映画を探してしまうこと

社会的な情報はニュースなどで新しいものが入ってくるのですが

新しい音楽や映画などがなぜか記憶に残りづらい・・・

止まっている感じがするわけです

マンガなどは最たるもので新しいものが全くわかりません

昔みたマンガと同じ作者とかだとみたりしますが

まったく新しい作者になると全くわからなかったりします

1週間に何度もツタ○などへは行くのですが・・・

そういうのって私だけでしょうかね

意外とほかにもいらっしゃるかも?

2008/06/24/ (火) コラム

略さない心がけ

略したほうが便利なものは世の中にたくさんあります

若い人は略すのが得意な人もいます

でもたかのめはその逆を心がけてます

なるべく略さない

略したほうが便利で情報量も上がるでしょう

でも略さない

しゃべる言葉がへり

つづる文章が短くなるからです

つまりリハビリとなる日常生活を略さないということを心がける

そう考えると近くに行くときに遠回りするというようなこともあり得ますが

そこまでの負荷を上げるのではなく

下げてしまいがちな負荷を下げないということです

脊髄小脳変性症もSCDと略してしまえば楽かもしれません

でも略さないで打ち込むこと

それが指のリハビリになるということです

いずれは打てなくなるかもしれません

進行を遅らせるための抵抗

それがリハビリです

2008/06/23/ (月) 日常的に気がついたこと

人間ってここまで身勝手になれるんですね

ヤフーのニュース記事で目を引いたもの

「救急車の非常識な利用増える」

全国各地で救急車をタクシー代わりに使ったり、病院での待つ順番を速めたいとの理由から救急車を呼ぶ人が実に5割もいるそうです

タライマワシの現状の作っている要因の一つと言えるでしょう

思わずびっくりする実例が書いてありました

以下引用
 例えば、「119番でかけつけると、入院用の荷物を持った女性が自ら乗り込んできた」(甲信越地方)ケースや、「119番で『○月○日の○時に来てほしい』と救急車を予約しようとする」(関西地方)事例が多い。症状を偽る人もおり、甲信越地方の60歳代の男性は「具合が悪くて動けない」と救急車を呼びながら、実際は緊急の症状はなく、あらかじめ病院に診察の予約を入れていた。
引用ここまで

緊急ではないのに救急車を呼ぶこと

それは本当に緊急の人の命を間接的に奪っているともいえます

そう考えると

人は人を踏み台にしているということになります

恐ろしいことです

さらにこんなこともあるようです

引用
 風邪程度なのに、「救急車で行けば、早く診てもらえる」と思って119番する事例も、28消防本部で確認された。

 病院では救急外来の患者の重症度をまず看護師が判断する場合が多い。しかし、山陽地方では、切り傷で搬送された患者と家族が、診察の順番を待つよう告げられ、「救急車で来たのだから、優先的に診察するのが当然だろう」と詰め寄った。
引用ここまで

順番を早めたいがために救急車を呼んで実際に診療を受ける段になって看護師の方が緊急性がないと判断して診察を遅らせたところ、怒ってしまったということ

自分が世界でいちばんえらいと思っているんでしょうか?

モンスターペアレンツと呼ばれる人たちがお子さんを連れてくる場合もあるようですがここで言っているのは50代とか60代と書いてあったりします

モラル低下は全年齢層に広がっているということです

自分も例外ではないでしょうが

少なくとも救急車をそんなふうに呼んだ経験はありません

脊髄小脳変性症から来る呼吸器系の問題で呼んだとき(当然呼吸困難状態もしくは停止)緊急性が異常に高い状態で救急車がそんな風に使われていて来てくれなかったら

たかのめはこの世にいなくなるでしょう

最近の若い人はという言葉は通じない世の中

最近の人間は自分勝手になった

そう言われるわけです

そんな風に救急車を使ったことのある人は「前科」ではありませんがブラックリストを作ったらどうでしょう

オオカミ少年ではありませんが自分が本当に緊急を要する場合に救急車が来てくれないということを実感すべきです

身勝手に社会的なものを使うこと

それは社会に対しての裏切りと呼べるでしょう

本来はとても有効なシステムのはずなのに

それを機能させなくしているのは一部の身勝手な人たち

救急車が家の前まで来たら目立ちますよね

それで家から普通に出てきたら

世間体というものはその方にはないんでしょうか

記事を読まれたい方はこちらをどうぞ

足代わり119番、救急車「予約」…非常識な要請広がる

2008/06/22/ (日) 現実的な情報

日常的に使用するアイテムをチェンジ

たかのめです

さまざまなものの物価が上がる中(こんな時に消費税増税などを検討している政府・・・支持率22%はその裏付け・・・)

節約も必要ですが使っているものをブランドチェンジして支出をカットしていく手法も重要です

たかのめが毎日取っているサプリメント

それは食物繊維のサプリメントです

過去の流れから摂っていたものはいいものかもしれませんがちょっと高め(一粒100円一か月3000円ほど)

食物繊維の含有量は一粒あたり0.9g

容器に書かれている摂取量は1日1粒を目安に摂取してくださいとなっていました

単純に一日100円のサプリメントです(それほど高いものというイメージはないでしょう)

そこで気になったのがほかの所の食物繊維のサプリメント

たまたまいったドラッグストアで売っていたのがネイチャーメイ○の食物繊維(売価924円税込)

食物繊維の含有量は一粒あたり0.3g

一日の目安9から10粒を摂取してくださいとなっていました(容量240粒)

一粒あたり約3.85円 一日当たり40円程度となります

プラスよいと思うのはビタミンもそうですが(水溶性ビタミン)

適量を毎食とるのが理想と思っています

そう考えるとブランドチェンジして支出を抑えながらサプリメントの摂取の理想形へ近付くと考えましてとりあえずそのドラッグストアで一つ購入、924円

で1週間程度実際に試してみたところ違和感なしということで乗り換えるわけです

それで終わるのも一つの手法

支出をカットしたのですから十分といえば十分

でもさらにカットする支出を増やそうと考えました

それは通販を使うこと

そう楽天市場です

ネイチャーメイ○やDH○などはリアルな店舗ではまず値引きしません(もしやったら大変でしょう)

ですが通販では?

答えをひとつご用意しました

食物繊維

このリンク先のもので答えがわかります

そのキーワードはたかのめが実際に購入するときに使ったキーワード

そしてどうしたかといえば

当然そちらから若干のまとめ買い

送料入れてもまだ安いという状況が起こっていました

脊髄小脳変性症は出不精になりがちな病気

そういう意味でも通販は良いものとして利用しているのですが

支出カットにも通販は利用可能ということです

同じものを毎回買っている方

それは通販で買えたりするかも知れませんよ(そして安上がりかも)

2008/06/22/ (日) さくら・もも

同じ反応




「さくら」&「もも」、2ひきともにたそがれながら外を見る図です

2匹並んでだと何となくかわいい

おまけに車が通ったりすると同じ方向に顔が動くのでなおかわいい(面白い)

同じ遺伝子を持つ2匹の猫

顔つきはちがえど似ているところは行動にも現れるわけです

2匹飼ったことのない方

1匹よりも新鮮なところが多いと思います

いつかどうぞチャレンジしてみてくださいね♪

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss