脊髄小脳変性症と付き合うブログ > 障害者としての環境整備

2015/02/03/ (火) 障害者としての環境整備

手すりの話

屋内、屋外をとわずつけている人も多いでしょう

うちも要所要所にあったりしますが

手すりって手でつかむとこの素材が重要

手すりはそこの素材が(たぶん)2種類

木製か金属製

理想は木製かな

理由

金属製は周りの温度を反映しやすいので

冬場なんかとっても冷たくなります

耐久性の問題で金属製にするんでしょうが

使う人の立場で考えるべきですね

2014/06/12/ (木) 障害者としての環境整備

特定疾患医療受給者証の変更点

すでに保健所には確認済みです

毎年9/末期限で7月に更新してましたが

これがこうなるそう

毎年12/31期限でそれに合わせての更新に変わるそうです

そのため紙に9/末で終わりと記載されてますが

年末までに変わります(記載の変更はないがそうとられる)

個人的には何かといろんなことが重なる年末に移動するのは相当の理由があるかなと

更新申請の日付はまだ未定(場所によっては決まってるかも)

一部書式が変わる文書があるようなので詳細は管轄保健所でどうぞ

2013/09/07/ (土) 障害者としての環境整備

特定疾患医療受給者証の交付

更新申請をしてから数か月、現在所持しているものが月末期限なのでそれに合わせた感じですね

新しいものが郵送されてきました

前に旧いのはどうしたもんかという電話を保健所にしたところ

破棄してくださいと言われた記憶が

まぁ月末までは前のが使えますので

有効期限内はそちらで

2013/06/26/ (水) 障害者としての環境整備

特定疾患医療受給者証の更新

本来、指定日が3日くらいあるのですが

理由がありまして

その指定日以外に保健所の担当の方のところへ

年度末の3月いっぱいで担当の方がかわりまして

今回初顔合わせとなりました

いろいろな申請書類がありましたが

ほぼ代筆していただきました

自分で書くと特に数字や小さな字が暗号化しますので

新しい担当の方はHさん

実は前の担当の方もHさんですが

頭文字は一緒で名前は違います

更新申請の時の必要書類のことなどの知識をいただいて

全てが終わった後、場所を変えて指定日に来なかった理由を話しました

事の始まりは妹の申請時の対応から

その後2回目はこれ

更新と月一病院のハシゴ

社会的におかしなことはいっぱい

私に対応した方はある意味組織というか

社会のひずみかな

もし自分に人事権があるなら

こうしたいんですが

上司は部下の評価をする

では逆に部下も上司の評価をするということ

人物の評価は自分ですべきではない

その人以外の評価が必要

なので何年かでで入れ替わる組織

直近1年以内に異動した人を除いて評価する

1年以内の人は前の職場の評価の何割かをつかう

こんなシステムを作りたいですね

基本的に

能力や人心掌握力がない人が上に立つと

その下の人は悲惨な目にあいます

親と上司は選べませんので(^^;

2012/11/06/ (火) 障害者としての環境整備

特別障害者手当の結果

9/21に申請をして今日郵送で結果が来ました

結果は却下

考えてみれば当然かな

提出された診断書が基準に該当しないため却下となりました

必要経費の診断書作成費用約5000円はもどることもなく終わりましたね

2級の障害者手帳を持ってますが

その中でも下の方というのはわかってます

まぁ自分のより重い人がもらえるモノということですね

重くなった人を支援するこういったシステムはありますが

そこに至らないようにしている人を応援するシステムはない

以前ぶつかった社会保障の壁は健在ですね

担当は自治体、申請から結果まで約40日ですね

申請書類などは担当窓口に聞いてもらうのが一番だと思いますが

却下された状況を

障害者手帳2級所持

特定疾患医療受給者証重症者用所持

障害年金受給者(基本のみで付加なし)

介護保険適用者 40歳を超えているので 要支援1(介護保険では一番軽いモノ)

この状況で落ちましたので近い方は考えたほうがいいかも

知らなかったもので保健所の方に教えてもらったモノ

それが9月ですからね

もうしばらく障害年金だけでくらせということ

ちなみに月65000円くらいですが

変な話というか

逆にもらえている人の状況知りたいですね

体がとっても不便で障害者手帳2級以上、施設に入っておらず家で療養している人

とりあえず

存在自体を知らなかったので

該当はしませんでしたが

知ることができました

介護保険とかもっと級が上がったら申請してみようかな(^^;

2012/09/22/ (土) 障害者としての環境整備

特別障害者手当の申請

最終的に結果が出てからまとめますが

覚書というか

申請から判定までの経過日数を把握する目的の記事です

S先生に頼んでいた診断書も送付してもらい

それを持っての申請

全てが普通に行った場合

1度ですべて終わりますが

担当の方の手違いを含めて手間が増えました

具体的には送ってもらった診断書が足りなかった(S先生が気が付きました)

申請時に同居世帯(住所が同一世帯)全員分の住民票が必要なのに申請準備物の説明が足りない

ということで

1度手間が

3度手間になりました

また診断書は可否にかかわらず必要ということでそのお金は必要経費となります

一番早くても1か月以上はかかるでしょうね

窓口は管轄自治体になりますが

制度を実施しているのは県でした

たぶん1か月分の申請をまとめて審査していると思われますので

そこの1か月は絶対かかると思ってます

手間を増やしたのはこちらではありませんが

まとめ記事で注意事項として手間が増えないように書いてみようと思います

あちらが大丈夫といっても100%ではないということです

2012/09/07/ (金) 障害者としての環境整備

特別障害者手当について(仕掛かり中)

先日、保健所の方が来たときに話していて自治体のHPの印刷をくれたもの

自分としては知らなかったものを教えてもらった感じ

月額、約26000なので結構大きい

年4回支給ということで

支給は3か月に1回かな

仕掛かり中ということで審査がどう出るかは未知数

可能性があるかどうかを役場の方に電話で聞いたところ

可能性があるということだったので

取りかかった次第

最低でも障害者手帳の1-2級が必要となります

結果がどうなるかわかりませんが

また診断書が必要となります

なので

月一の病院は今月はおわってますが

もう一度、来週でもいって

診断書をお願いしてきます

月内にやらなきゃいけないのが

免許の更新

さてなんかいわれますかね

S先生の見立てでは

とっさの反応が遅いかも

といわれているのですが

10年以上運転してきてますからね

特別障害者手当は結果が出た時にまた記事にするでしょう

難病もちで手帳が1-2級の方

自治体で聞いてみるのもいいかも

2012/08/28/ (火) 障害者としての環境整備

障害年金の診断書

障害年金の更新というか

現状維持のための確認というか

診断書を出してほしいという書類がきました

ということで

来月初めに行くつもりのS先生に書いていただき

郵送後

役所の担当窓口に提出となります

こういうブログ記事が前より短くなっているのは

かなり打ちづらいため

まぁ

打つのが遅くミスが増えていても

まだ打てるということですが

打てるうちは続けるつもりなので

さて

あとどれくらいかな(^^;

2011/12/08/ (木) 障害者としての環境整備

介護保険の話

自分も40歳になったということで

介護保険の申請をしました

実際サービスを利用したわけではないのですが

申請までの流れを

自治体などの窓口にて申請

この申請に伴い窓口から主治医の先生に申請に必要な書類が回ります

それが窓口でそろった状態の後

担当の方が実際家に来て状況をみつつ必要な書類を書いていきました

そのあと

月に1回行っていると思われる審査会(25日以降が多い)

その審査会で介護保険の等級が決まります

その後

自治体の担当者とケアマネージャーの方が家にきて

契約書類などを記入しました

その後

昔の保険証のような介護保険証が送付されてきます(信書扱い)


現在の介護保険には以下の等級があります

要支援1-2

要介護1-5

要支援1からはじまり要介護5が最大となります

数字が大きいほうが上という等級です

上記の級に該当しない場合(審査会にて)非該当となり介護保険のサービスは利用できないということになります

自分はどこかというと

要支援1で一番軽いということでした

自分が持っているもの

障害者手帳2級

特定疾患医療受給者証(重症患者用)

障害年金(一般)

介護保険要支援1

こう書いていくと

介護保険の等級は軽い感じがしますが

障害者手帳や特定疾患医療受給者証とはあまり関係ないと考えたほうがいいかもしれない

介護保険だけ実際に人とあったりしているところで現実に近い感じがします

要支援1で一番軽いですが

一応該当したという感じですね

2011/07/20/ (水) 障害者としての環境整備

特定疾患医療受給者証の更新

9月末までの有効期限ですが

毎年7月に更新時期が来ます

自分の管轄窓口ではその月に3回集中した日があります

それ以外の日でもやってくれると思いますけど

窓口は保健所(または出張所、つまり国です)

更新でもって行ったもの

障害者手帳

印鑑

住民票

臨床調査個人票(ドクター記載)

更新申請書(郵送されたもの)

重症患者更新票(郵送されたもの)

障害年金受給者証(所得証明として)

このへんが必須

自分の場合

未記入で行ってあちらで代筆してもらいます

通常はこれに診断書がはいりますが

障害者手帳2級以上で手帳に病名などが明示されている場合

診断書の代わりになるので診断書はいらなくなります

実際30分くらいですかね

来ている人の多くが代理の方のようでした

つまりこれない人のほうが多いということですね

自分は来れる限り来たいと思いましたけど

来年も同時期に更新の時期が来ます

来年は杖は4本足かもしれない

最近の記事

読んでもらいたい記事へのリンク

避難用リンクです(一部おまけあり)
ブログはカテゴリクリック後、記事へどうぞ
言霊カテゴリのみ
避難用


見た目で判断できない病気


リハビリHP
scdブログパーツ2

忍者HP(無料)版
予備HP
予備HP2
予備HP3
予備HP5

リンク集

カテゴリ

プロフィール

たかのめ(ハンドルネーム)
特定疾患医療受給者(重症扱い)
生息地 東北(宮城)
年齢 アラフォー世代
脊髄小脳変性症診断年齢 36歳
ブログ開設と診断月は同月(2008/3)
子供なし夫婦
母親・妹と愛猫2匹と同居中

【ブログ内検索フォーム】

ブログステータス

ブログ開設日2008/3/13

【コメントについて】

このブログではコメントを受け付けておりますが以下に該当するものは管理人が削除いたしますのでご了承ください

・広告目的のもの、それに類するもの
・管理人が不適切と判断したもの

基本的にはコメントは大歓迎です
※要返信の場合は公開にしてくださいね
※管理人が承認・返信できない場合がありえます

最新コメント

管理用

gsALL

【PR】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

rss